--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2016'09.23.Fri

結ばれたんじゃなくて結んだんだ

あああ…いつの間にか9月が終わろうとしていますよ…早すぎない?どういうことなの?(時間の使い方が下手すぎます)
そんなこんなでまた間があいてしまいました;毎度毎度本当にすみません;
今更になってしまいましたが、夏コミもインテも夏イベントでは本当にありがとうございました!!イベントって本当に楽しいですね。関わって下さる方々の優しさがありがたいです。
お礼と思い出記を書きたいのですが、取り急ぎ自家通販のお知らせを…。こちらも遅くなってしまってすみません:
暫く出来てなかったので今回こそは!と思っていたのです。お詫びの意味も込めて今回に限り自家通販が出来てなかった間のコピー本も受付てますので宜しくお願いします。
通販できてなかった間にクロネコメール便がなくなってたので今回は郵便のスマートレターを使わせてもらおうと思ってます。ちょっと様子を見つつ…何か不都合等ありましたら遠慮なくご連絡下さい。

とらのあな様の方でも「オラリオンの箱庭」「アクアテラリウム」「WILDER THAN HEAVEN」「滲む夜の葡萄」は委託通販していただいてますので、そちらの方が都合がいいお方はそちらで宜しくお願いします。(既に購入していただいた方は本当にありがとうございます。自家通販が遅くなってしまって本当にすみませんでした;)



話は変わって、タイトルの「結ばれたんじゃなくて結んだんだ」はAimerの「蝶々結び」の歌詞の一部です。なんだかとってもロイアイィィィィ!!!!と萌え心が震えまして。この曲聴いた時に心にぎゅっとクるものがあって何度も聴いているうちにすっかり脳内ロイアイPVは完璧です(間違った聴き方です)最初の歌い出しは子リザたんが独りで一生懸命に蝶々結びをしているのですよ(脳内の話です)そんでその蝶々結びはまだリザたんがもっと小さい頃にお母さんが上手にしてくれてた優しい記憶があったりして。(完全に脳内の以下ry…)そんな風に上手にできないひとりぼっちの小さい手の切なさから、マスタングさんと出会って、蝶々結びは二人の関係性の作り方と同じになっていくんですよ…成長してリザさん視点の蝶々結びのお話。「夢はここに。思い出は遠くに。気付けばそこにあるくらいがいい」副官としてマスタングを支えることが第一で、でもそれを含めて固く結んでずっと傍に居たいという気持ちがあって…みたいな。蝶々結びのバランスの難しさは関係性のバランスの難しさそのもので。1人での蝶々結びは大人になって上手に出来るようになっても2人でやる蝶々結びは難しかったりする。
この曲、それまで女性ボーカルだけだったところに男性ボーカルが加わって終わるんですけど、そこがなんだかリザさん視点だけだとどこかバランスを保とうとする一生懸命さが切なくてかえって不安定にも思えるのに、マスタング視点が加わって、不安定に見えても難しくても大丈夫、ちゃんとした蝶々結びが2人で選んでバランスをとりながら出来上がっていく…みたいな感じがして凄く凄くうわああああってなります(語彙力とは)それが顕著なのが「結ばれたんじゃなくて結んだんだ」なんですけど。罪の意識とかから自分を律して、そういう意味で余裕のないリザさんに強引に優しく言ってほしい。リザさんがその言葉を受け止めることでマスタングにも欲しかった真実が与えられるから(その言葉が必要なのはマスタングもまた同じで)や、なんかここ私のロイアイ観の中で大きく占めてる部分だと思うんですけども他動的ではなく自動的なのですよ。選ばされたのではなく選んだんだよ。分かっているようでいて、関係性の根底にあるものが複雑な故の、大事すぎるが故の、負い目で時々不安になる部分。そこを包み込むようにぎゅっとね!
…はっ!なんの話をしてますか私。完全に脳内妄想が暴走した解釈なので本来の曲にはとても申し訳ない感じなのですが、本当にいい曲です。「蝶々結び」歌詞も曲もボーカルも凄く心にぎゅっときていいです。ロイアイ的にもいいです。脳内PVを上手く言葉に出来なかったので(語彙力下さい)少しでも興味わかれましたら是非是非聴いてみて下さい〜!!
スポンサーサイト
未分類トラックバック:(0)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。