2004'04.01.Thu

まだまだ続くよ過去日記(これで一段落) 3月28日☆神様こんな縁を僕にありがとう。

おもわずそう感謝したくなるほど楽しい1日でした!!そんな日曜は棟子さんとドッキドキ初デート☆だったのですよ(デートなんて言ってよいのかしら?と迷っていたらちょうど棟子さんとこの日記でそう記してあったので。わーいあれはデートで宜しいんですね?VVよしっ☆←何がよし☆なんだ…)

デートの基本といえば待ち合わせですよ。本州の端からいらっしゃる棟子さんをドキドキウキウキしながらバスセンターまで迎えに行く。…が、この時点で既に駄目っぷりを曝していたんですよこの人は;前日のやりとりでも当日の直前のメールでも「お顔覚えてなかったらすいません…:」とどうしようもない記憶力の無さを告る駄目っぷり!失礼だよ自分;だ、だって前回お会いした時はスペースに挨拶に行っただけだったし初めてで緊張しててそんな余裕なかったんだもん;キャパいっぱいいっぱいでしたんですもの。おんぼろコンピューターゆん(ごふっ)バスを待ってる間はひたすら大好きな棟子さんが前を通られても気付かないという大失態をやらかしたらどうしよう…とヒヤヒヤしてました。(どうしようもない駄目っぷりですいませ…;)

やがて…あ!あれはもしや…と、棟子さんだあーーーー!!!!(いろんな意味で涙キラリ☆再会の嬉しさとやはりおんぼろでも大好きな方の顔は覚えていたという安心)でもやはり棟子さんの方が先に気付いて下さってましたヨ。今度お会いする時は負けませんので!(えー?)

とりあえずご挨拶などして時間はそろそろ12時というところ。お昼ご飯食べに行くか早速カラオケに行くか聞く。するとワリと即答で、騒げる方がよいのでカラオケでお昼を食べるということになる。そうだよね話題が話題だもんね(笑)カラオケはヲタクの味方だよなと思う。
春休みの日曜だったので混んでないといいなー(知ってるカラオケ少ないので;)と思いながら向かう。ちょうど12時からフリータイム4時間で空いてたのでホっとしながら入る。ドリンクや昼ご飯を頼んだ後まずは今回の目的の1つ、HARUコミ時の委託売り上げ金とお買い物頼まれてたロイアイ本を渡すことにする。その時の棟子さんがソワソワしてらして可笑しかった(笑)や、可愛かったのですよ。素敵ロイアイ本を何度も手に取って大事そうに二コ二コしてらっしゃる姿がとてもラブリーで可笑しかったのですよ(気持ち分かる故に笑)もう最初っからキュンキュンしっぱなしだよお姉さん!(笑)
そんでいろいろお喋りしながら曲を入れはじめる。出だしは棟子さんの「メリッサ」で始まりとりあえず交互に「鋼」のOP・EDは制覇する。

そしてここからが今回の2つめの目的ロイアイイメージソングカラオケ祭の始まりだ!
もうもうなんっーか萌え!萌え!萌え!!そして時に涙ホロリのオンパレードでした。ヲタク歴はそれなりに長いアタクシ(痛)ですがこういうカラオケは初体験でしたよ先生!!交互に自分のロイアイだと思われる曲を歌っていったのですが、「これはどうでしょう?」「これもイケるよね?」「こういうのもアリかと?」「これは駄目ですかね?」…尽きない!尽きない!尽きないよーー!!(五月蝿いです)そんでしかも互いに相手が歌う時は自分の曲探すのも忘れてしっかり歌詞を見つつ聞いてるわけですよ。そんで歌い終わった後に「うわー萌えーー!!」とか「いいっっ!!」とか悶えるわけですよ。ヤバい…すげー楽しい。特に槙原の「桃」はアカンかった…槙原はマスタングの気持ちが分かるのか!?(アフォ言うなよ;)なんかダメダメなどうしようもない大佐って萌えだ!!この曲はまた暫くいろいろドリーム回せそうです。有難う槙原!ありがとう棟子さん!あとTUBEの「プロポーズ」が恥ずかしいくらいにロイアイで非常に萌えました。「僕よりも僕を知っているー神様よりも君だよ」ってどうなんですか!?ひーーはずかし!!(大喜び)そんで「ハナミズキ」がロイアイ←ハボだと歌って下さったのですが…おもわず涙腺が滲んでしまいました。ハボ切ねーよ。なんなんだこの切なさは。この曲ハマりすぎてるわ。じんわりとくる歌で好き。ああロイアイ←ハボも萌えまする…やりたくなってきた!!
涙腺が緩むといえば棟子さんが最近涙もろいという話は知っていたのですが今回それが伝染したのか何なのかカラオケやってて涙ぐむなんて初体験でございましたよ。他にもCocco「遺書」とかいろいろと切なげな曲でお互い目元ぬぐってましたよ?…ひー浸り過ぎデスカ??(笑)
や…もうドっぷり浸ってましたが何か。そういう事が心置きなく同じレベルで出来る相手って素敵じゃないですか!!(本気で有難う棟子さん)
あとは今回、別ジャンルの別カップリングで今まで聞いてた曲がロイアイで歌われてて、そう思って聞いた途端ロイアイに聞こえた自分に乾杯!うわーとんだ盲点でした。えー分かる人だけ分かって下さい、某前ジャンル緑頭と黒頭でB′Z「LOVE PHANTOM」は聞いてたんだけど…これロイアイでもイケてしまうわ…っうか歌う前に棟子さんが「狂っちゃったロイなんですけども」って言われてたんだけども…萌え!狂っちゃったいさ萌え!!(寒)
あーそういえばちょっと彷佛とさせるよなロイのキモさって緑頭を…(それはロイに失礼だ!!っうかそいう言われる緑頭の立場は…;)なんっーかケナす愛なところが一緒なんですよ。キモイとか変態とかヘタレとか言いつつそんなところが結局愛しいあたりがね…。リザは褒め言葉しか出てきません。中尉萌えーー!あとポルノ「アゲハ蝶」も廓の大賢イメージだったので盲点でした。これも聞こえてしまうよロイアイに!ああ萌えって素晴らしい。
そんなこんなで当初は4時間もあれば他の普通に好きな曲とかも歌うことになるだろうと思っていたのですが…あっという間に過ぎ去り(お互いに驚いた)結局4時間まるっと全部ロイアイソングを歌って終わりました。なんかまだまだイケる勢いだった。
結論:世の中はロイアイソングに溢れている!イエス。
アタシの人並み以下の歌に付き合って下さった棟子さんには感謝しております。アタシは素敵な歌声にうっとりでございましたV

カラオケ後はどこかでお茶でもしようと空いてる店を探してウロつき結局以前コダマと発見したドトールに落ち着く。ここでは非常にまったりといろいろとお喋りしました。なんかもう棟子さん話やすくて大好きですVV(アタシ実はワリと人見知りするタイプ;)そんでずっと気になってた年齢を聞いてみる。(アタシの年は既にオンリー隣接の申込みでバレてるので)予想どおり妹と同じ年で尚更キュンとする。「お姉様なんですね」とか言われて女の子スキーの素がだんだん表面化してきてしまい「可愛いから!可愛いから!!」と連呼する。ワリとキモかったと思われる(ごめ…;)その後もいろいろとキモいセリフを吐く。(あーあーこいつはもう;すいません;)なんというか棟子さんのイラストって奇麗さの中にもリザとかほっぺをツンとしたくなるような可愛さがあるじゃないですか、御本人様もそんな可愛さなのですよ。(上手く言えないんですが;)

そんでロイアイ話やサイトの話や九州付近のイベントの話や実に様々な話をしていたらまたまた時間はあっという間に流れる。いつの間にか19時近くなっていて棟子さんが「帰りたくないなー」みたいなことを言われるので「アタシだって帰したくないよ!!」とまたまたキモイことを言ってしまう。キモイついでに「夕飯まで食べて帰りませんか?」と引き止める。そんで飯ものが食べたいということで「めしや丼」へと行く。何を食べるか決める時に棟子さんが優柔不断仲間であることにこっそり喜ぶ(笑)2階に案内され暫く貸し切り状態なのに喜ぶ(すぐに他のお客さんきたけど)ロイアイな2月号の話等を大変熱く語る。…が食事が運ばれて来た途端、お互いに何も喋らす黙々と食べだす。ここでもまた同じテンポなことに喜ぶ(笑)食べ終わって再び話出すが、いつの間にか20時であることに驚く。バスが20分発だったので大慌てでバスセンターへと向かう。

なんとか間に合いホっとする。しかし今度はそのバスの前に長蛇の列が出来ており、更に指定でないと乗れない事実に慌てる。棟子さんが指定券を買う様を見守る。無事手に入ったようでホッとする。長蛇の列も別のバスのでホっとする。だんだんと名残惜しさでいっぱいになってくる。どれだけ楽しかったか、嬉しかったかを伝えてバスに乗る棟子さんを見送る。ありがとう大好きだ棟子さん!!!

そんなこんな1日でございました。もうね…本ッツツ当に楽しくて幸せでしたよ。すっかりロイアイ萌えがヒートアップですよ。ダメだ…本気だ…かなりハマってるよアタシ…。

次の日朝からバイトだったのにギリギリまで付き合ってもらっちゃってごめんなさいでした棟子さん。すっごく幸せでした!結局あの後ロイアイな夢は見れましたか?(笑)っうかアタシあんなヘボ本渡しちゃって見捨てられてないかちょっと心配…精進しますので何とぞ大目に見てやって下さい!
そんでそんで今度是非泊まりに来て下さいなVV夜通しエロイアイ語りしましょうぜ!(笑)


そういえばずっと書き忘れてたけど
10月に大阪でロイアイオンリーイベントがあるんですよ!!!
ギャーき、キターーーー!!!
もうもう待ってましたよ。しかも主催&協賛サークル様がすっごい豪華なんですけど…うわうわー興奮してしまうよ。
だ、だって右も左も前も後ろもロイアイ好きーさん!!天国!天国だー。
はぁはぁ。早くサイト作ってあのバナーをがっつり貼らせていただきたい。
スポンサーサイト
カテゴリ無し:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可