2005'03.15.Tue

3月14日☆教えて 欲しいのは 傷を舐め合うような愛じゃない

相変わらずとんでもなく原稿が大ピンチです;;あまりの書けなさに胃がキリキリする…(弱すぎです)日記タイトルは、たぶんなんかの歌詞だと…なんとなく今回の話のイメージで脳内に留まっているフレーズ。ぐるぐる〜。イシュ時代のリザたん視点だといい。もうもう本気で今回有り得ないくらい話のラインが見えてきません…こんだけ考えればいい加減キュピーンと何かが降臨してくれていい筈なのに!!(電波なこと言うんじゃないよ;でもありますよね?そういう感覚)こんなにシリアスエロイアイが難しいものだとは…!何が難しいって大佐が…!カッコいい大佐が大きな壁なのですよ…よ…。いつもなんか結局、自分勝手な攻め攻めゴーゴー増田になっていたので今回こそは原作も少し意識したちゃんとした大佐を書こう!とか思ったのが無茶だったよ…ママン。書きたい話と書ける話には深い溝があるんだ…。深くて大きな溝が…!
もう原稿やりだしてからずっと大佐の事ばかり考えてます…ウフフ☆なんだか恋する乙女状態ね★(ごふっ)カッコ良さって何よ?包容力ってどう言動に表すのよ?どうするのよ?大佐大佐…増田増田…ははははは…楽しくなってきたぞ!!!(泣きそうだ…★)ついでにちょっと自覚あったけど、対談の時T子さんに「やっぱり大佐へのこだわりが凄いって改めて分かりましたV」とニッコリ笑顔で言われ(や、顔見えないけどさ!)目を逸らして逃げたい今日この頃です。うーふーふー。(遠い目)リザたんはリザたんであるだけで愛おしいもの!!(っうか中尉は原作でもハッキリ気持ち表れてるから迷わなくていいというか…逆にその中尉にそこまで傾倒されてる大佐って…と再びぐるぐる。言動化するって難しい…)

因みに今回のネタは無謀にもイシュウ゛ァールエロ&現在ロイアイだとかぬかしてみる…;原作でイシュ過去編が描かれる前に捏造は今やっとけ状態で…。(原作でイシュが描かれる!という情報を得た時はもうもう大興奮しましたよ。おもわず10数年ぶり;ぐらいにそのインタビューが載ってた雑誌買ってしまったくらいに。しかし早くても夏以降だろうと思ったんですが今月号で話題出てたし意外に近いのかな…)まぁパラレルですよ!おもいきりパラレルです。そんでもってイシュと現在ロイアイを繋ぐいわば話の核が分からないという有り得ない状態です…あ〜うがーーーーやばいやばいよ〜。

そんで同時進行で対談の編集をやっているんですが…本の打ち合わせ内容とかロイアイ語りに関係ない話を全て削除した後で、ロイアイ語りの部分だけを試しに冬の対談のワード書式設定に流してみたら…9頁あったんですが…!!9頁って…!!ひぃー!B5ギッチリでフォントサイズ9だよ?それで9頁…。ナニソレ…本当に凄かった模様★そりゃ〜なんかスッキリ満たされ且つ疲れもするよな(微笑)や、ホントいつも悶々と思っていたことをいろいろ語れて大満足でした(ありがとう棟子さん!)。それをなんとか削って削ってまとめて今やっと5頁…。う…あと3頁半減らさねば…。これはこれで大変じゃよ…;どう減らせばいいんじゃ…(なんかヨボヨボしてる)でもホント結構いろいろ語ったから使わなかった部分ペーパーとかに載せてもいいぐらいだ…。

いろいろと煮詰まり切羽つまりで泣きそうなんですが、メール添付されてきた表紙イラストに元気をもらいました。はぁはぁ。萌える〜!!!艶っぽいよ!うおお…これ見ながら頑張ろう…。


そんなこんなな状況なので日記に書きたいことはたくさんあれど余裕がありません;とりあえず簡単に思い付いたことだけ叫んでおこう…。

「ハチクロ」アニメ、挿入歌がスピッツとシカオだなんて!!!!ギャーーハマりすぎだから!それ!!なんていうリリカルな組み合わせ!!!とハァハァと大興奮したらフジオンリーってマジですか…;系列ではなくオンリーなんですか…映りませんかそうですか…(がっくり)修ちゃん先生がヒューズの声だった。わー見たいんですけど!見たいんですけどーーうわわん。

ガンガンと10巻は同時発売でしたよ!!10巻は2日遅れと諦めてたのでびっくり。(正規発売日に発売される事に驚く地方者の哀しさよ…)ええ、2冊同時に持って行きましたとも。感想はまた後日ゆっくり書きたいと思いつつ、10巻はとりあえず見た瞬間…ブレ子〜!!ブレ子〜!!sほのさ〜ん!!!と海外へと向って叫びました(届きマセンから!)や、ブレ子最高だ!!!中尉大好きだ!!あれ、他は大佐命名なんだよね…きっと。ちょっとその命名シーンの二人の会話妄想して楽しかったです(可哀想な子★)この感じだとペコー命名も大佐だと思う。中尉はもっと凄いって!(笑)リザ子とか言い出すよ…可愛い!!
本誌の方もなんかもう本当に面白くて大好きだと思いました。ロイさんとアイさんが常に一緒に行動してるのにどうしようもなく萌えました。この二人はやっぱりこういう感じがいいのだよな。そんでまた、先月号の「持って来い」から今月号の共に車に乗ってるまでの間を無駄に妄想して萌えたりしてました。軍服取りに(大佐宅か!?軍部ロッカーか!?)行った中尉の心境とか戻ってきてから大佐に軍服着せたり、病院脱出したり〜ぐるぐるが止まらない★(そっとしておいてあげて)しかし大佐…立ってるのもしんどいのか…どうする気なんだろう…。萌えも心配も同様につきないですな…。
ロイアイばっかり言ってますが、他キャラもいろいろと…本当に漫画としてどこまで面白いんだ鋼!!と今月号も牛先生の凄さを思い知るのでありました。ランファン…大丈夫だよね?;;

ファンチル「ゲルタ」の回がーーーーー!!!鼻さまーーーー!!メルーーー!!ああ原稿終わったらまた落ち着いて見よう。そうしよう。感想はそれからだ。アギの「ソレト」呼びになんだかドキドキするよ!アギソレ(ソレアギ)!!なんかアギがやたらと「ソレト」「ソレト」と呼んでいる気がするのは私が意識しすぎなんでしょうか…(たぶんそうだよ;)

ああ…なんか他にもいろいろ書きたいことあったんですがそろそろサラバです。原稿…あああああ…
スポンサーサイト
カテゴリ無し:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可