2011'06.15.Wed

教官×エリザベスたんで6161613!!!

すみません;時の流れに置いてかれて自分時間で1人613祭。おおお;614(ロイフォー→むりやりロイホ)で夜のロイホでハァハァした思い出(笑)やその他いろいろはまた改めて夜にでも!615(ロイGO)もやりたいんだが。とりあえず613SSだけ先に。
佐藤さんとこの教エリにうっかり萌えまくって妄想が止まらん!6161613!!言ってたら「SS付けてみない?」とそそのかされまして(笑)勢いで書いてしまいました。すみません;;因に覗き見位置はベストポジションでキープだ!(笑)
そんなわけでネタ元はもう完全にこちら

絵のイメージを壊してしまうおそれがありますのでご注意下さい;いろんな妄想があると思うんですよ!下のSSより私も断然そっちが萌えます!とハァハァするような妄想がたくさんあると思うんですよ。なのであくまで数あるうちの一つということで。これはこれでいいんじゃね?と許せる寛容なお方のみ以下からどうぞ。

[:hide:]

「こういう時には帽子は脱いで。マナー違反よ」
女の手がキッチリ隙のない男の格好から軍帽を奪い取る。
そうして濃密な逢瀬の時間が始まった。

 唇と唇が触れあう直前、その吐息と吐息が絡みあう距離でどちらからともなく静止する一瞬。
漆黒の視線と鳶色の視線が微かに扉の方へと流される。
けれど次の瞬間にはまるで何事もなかったかのように彼の手によって更に引き寄せられた腰、彼女の手によって近付けられた顔、互いに奪い合うように唇が重なった。
「ん…っ」
最初から貪るかのような深い口付けを交わしながら、それでもまだ足りないと開かれたままの瞳が互いを映して熱く絡み合う。
決して逸らされない漆黒は彼女の何もかもを見透かしてしまいそうで、心を裸にされたような気分にさせられる。
そっとその眼差しを彼女の片手が覆い隠す。
「そんなに見ないで。…恥ずかしいわ」
「悪いが、目隠しはされるよりさせる方が好きでね」
そう言いながら己の視界を封じている手首を掴むと彼女の少しむくれている可愛い顔を見ようと、その手を外し唇に持っていく。
掌にチュッと口付けて、そのまま細く白い指を舐るように舌を這わせた。
「ーっつ」
「感じる?」
視線の先には意地の悪い笑みを浮かべた男。こういう時、言葉で反撃しても分が悪いと知っている女は、その手で彼の顎をとると主導を奪い返そうと今度は自分から唇を触れあわせる。
唇と唇が触れるだけのキスから当然のように口が開かれる瞬間を狙って彼女は彼の下唇に歯を立て甘く噛みついた。
「ッ」
僅かとはいえ男の不意をつくことに成功し、そのまま焦らすように薄い唇のラインにそって濡れた舌を滑らせていく。
気をよくした鳶色とやってくれるなと焔をつけられた漆黒は絡み合ったままで。
そうして魅惑の唇が確かに触れてはいるのに、それ以上この甘さを堪能できない状況に焦れた彼は、強引に舌を絡めとると、お返しとばかりに彼女の口腔内を蹂躙する。
「ん…んっ」
舌と舌が、吐息と吐息が、熱と熱が絡み合って溢れて、唇を濡らし零れていく。
今度は互いに貪る激しさで全てを味わいつくそうと瞳も閉じられて。
酸素を求める限界まで奪い合って、やっと離れても銀糸が名残おしげに繋がり熱に染まった吐息に切れた。
「はぁ…っ」
彼女の唇から零れた唾液を舐めあげながら赤い蜥蜴のような舌は輪郭を、発火布に覆われた手は腰から下へと柔らかい身体のラインを、執拗なまでに這ってなぞりだす。
ビクッと反応する身体にスリットの奥へと手を忍ばせようとした時、それより早く細く白い腕が動き、次の瞬間には彼の顎下を捕えているのは銃を象った彼女の美しくも危険な指で。
「…相変わらずだな。君こそマナー違反だ」
指とはいえ己の急所をその照準で捕えらることができるのは、この女だけだと楽しげな色すら浮かべる男に女もクスクスといたずら好きの笑みを零す。
「ふふ。本物の方がいいかしら?性急すぎる男は嫌われるわよ?ロイさん」
「我慢できないのはどちらかな。本当は今すぐ欲しいんじゃないか?」
いっそ邪悪なまでに甘く低く囁やかれるテノール。
「私は平気だわ。むしろ貴方がお預け状態の時の顔、好きよ」
今し方の小悪魔っぽい笑みから一転、女の色香を漂わせながらクスリと妖艶な笑みを浮かべる。
「負けず嫌いめ」
「どっちが」
「君のそういうとこがとても可愛いと思うがね。ご希望どおりじっくりたっぷり可愛がってあげたいんだが、さて、どうする?」
指で作られた銃を男の大きな掌が包み込み、無骨な指を絡ませながら女の耳たぶに噛み付いた。
鼓膜に直接、声と吐息が支配するかのように注ぎこまれ、熱い舌が侵入してくる。
「あ…っ。待って。ここでは…駄目よ」
二つの視線が再び扉の隙間の方に流れる。
「ああ、そうだったか。だが、そう言いながら君は見られる方が感じるんじゃないのかね。いや、それとも見せつけたいのかな?」
「バカ言わないで。こういうの好きなのは貴方の方じゃない。最初から気付いてたくせに」
「君こそ。だがサービスはここまでだ。勿体なくてこれ以上は見せられるか」
闇色の眼差しで射ぬけるほどの眼光を扉の方へ放つと、クツリと口元を歪めて笑う。
「不粋な邪魔者には消えてもらうが、安心したまえ。ここから先は手加減なしだ。ギャラリーの視線があろうがなかろうが、そんなもの気にする余裕は微塵もなくなる。私だけ見てろ、エリザベス」
「貴方こそ覚悟はいいかしら?ロイさん」

Fin.

★あとがき
覗き見構図なので、ここはやっぱりね(笑)焦らし見せつけ寸止めプレイで互いにドS!!ギャラリーにもドS!!ってことで。
因みに一番最初の台詞は佐藤さんから借用しました。そんで目隠しエリザベスたん「そんなに見ないで〜」と下唇カプリと指で形作られた銃と寸止めは佐藤さんからの指令だったりします。なんて萌えなリクなんだ!コンチクショウ!ハァハァハァ。ここはやっぱり艶っぽい雰囲気が大事!と思うんですが、致命的に文章に色気が足りてない気がする;;力量不足でどうにもこうにも;ごめんなさいorzorz 


SSは知っていて見せつける方向で書きましたが、軍帽や軍旗で顔の部分を隠して濃厚なキスでもよいと思います。萌えると思います。声とか吐息とかだけが聞こえてきたり、軍帽をぎゅっと握った指が震えてたり。ハァハァハァ。6161613!!
そんでさ、ドS夫婦は互いに対してのみMな部分もあったりするといいよ!
基本は夫婦間でもSが発動されて支配したい欲求にバトルっぽい濃厚ないちゃいちゃになるんだけど、唯一互いに対してだけは屈してもいい感じで。6161613!!

てか、すみません;あの萌え絵のイメージぶちこわしてたら本当にすみません;今すぐこのSSのことは忘れて下さい。あなたは何も見なかった!!
スポンサーサイト
ロイアイtext(SS):  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可