--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2006'03.11.Sat

3月11日☆赤い衝撃 その1「背中のアレ、あり得ない妄想編」(鋼ネタばれ注意)

もう…なんと言っていいのやら…。なんだろう…なんだろう…この気持ち。ああああああ…。や、読んだ直後ならまだハイテンションに叫んでた気がするんですが…朝8時頃にコンビニに買いに走ってそのまま今、夕方まで1人でぐるぐるしすぎました;;(何やってるの;;)今日が休みで本当に良かった;;や、休みでも原稿修羅場デーですよ!何してるの!!!)凄い勢いでいろんな想いや妄想が回りすぎて…もうね…自分でも処理できずにいます;;いざ日記感想書こうとすると何書いていいのか分からない…1人でぐるぐるしてる間に感想書けばよかったよ;;や、でもなんか本当に衝撃受けた時ってなんかとにかくぐるぐるしてしまうので;;とにかく…なんというか衝撃でした。うん。荒川先生はやっぱり凄い…原作ロイアイって半端じゃない…!!!

脳内全て持ってかれた感がひしひしとするのですが、まだ原稿を諦めきれずにいるので、とりあえずここに吐き出してリセットしたい思いますたんぐ!例によって例の如く妄想だらけです。あり得ない妄想も敢えてする勢いです。いつにも増してまとまりのない感じだと思われます;;それでも読んでやるよという方のみ以下からどうぞ。
[:hide:]

なんかね、もうショックなのか萌えなのか分からない…!!や、たぶんどっちもなんだけど。あー今はどっちかというとショックのが大きい感じかな。ショックながらにも萌えもあるという感じ。とにかく衝撃という一言が一番ピタっと当てはまる心境です。やっぱ動揺してるんだなこれは。

…て、しょっぱなから今月号の感想というよりは、もうリザの背中のアレの事になってますが…だってやっぱり衝撃はそこでしょう?誰がこのタイミングでこんな衝撃の事実が投下されると思ってたよ??荒川神は同人を超えた真実をサラリと予想外のタイミングでつきつけてくれるあたりが…本当にもう!!!(言葉にならない)リザに火蜥蜴の刺青(陣)って、妄想はしても、まさかそれが実際に、しかもそんな妄想なんて比較にならないぐらい重い感じで刻まれてるなんて思わないじゃない!!ハイネック着用の理由も、うなじあたりに火蜥蜴とかだと萌える…とか思ってたけど、そんな軽々しいものじゃとてもなかった…!!!!!な、な、なんなんですか…なんなんですかアレは!!!首から背中にかけての素肌一面に刻み込まれた禍々しい錬成陣…確かにあれ、中心は火蜥蜴の陣でロイのと同じなんですが、それを囲ってる周りの模様(陣?なんて表したらいいのか分からん;)が仰々しいというか…なんか人体錬成とかそっちを思わせる重々しい感じで…ええ?えええー???ちょっ、な、なんなんですかそれ?!?!(かなり動揺)
一時期、リザの肌にウロボロスの入墨説とかで大層ガタガタしていた頃がありましたが、ある意味、真実はなんかもっと凄かった…(や、ウロボロスのだったら衝撃どころの話じゃないですが;;それはそれ)だってさ、ウロボロスのだってあんなに禍々しくないじゃない…大きくないじゃない…。大きさとかそういう問題じゃないかもしれないけど、女性の柔肌にですよ?背中一面に刻まれてるその重さってどれほどよ!?!?しかも何やら恐ろしげな錬成陣…あれ、術が発動したら相当ヤバいことになるんじゃないの??;;
救いは、更に上にある火傷(これも痛々しいんだけども)のおかげで陣が不完全になってるってとこなんだけども。ああ…そう、あれが完全系だったらロイ迂闊にリザに触れたりできないよ…切ねぇ!!(だって下手したら術発動しないか?そんな簡単に発動したりはしないのか?)とか一瞬うっかり妄想してちょっとそれはそれで萌えてしまってすいません;;や、本当に不完全でよかったよ!!!むしろ想いながら触れてほしい!!ショックだったんですが、エロイアイ的には萌えでもある。

火蜥蜴の錬成陣…それを不完全にしている火傷…どうなんですかこれ!どうなんですかこれ!!これを誰がどういう経緯と意図でリザのその肌につけたのか…予想なんてとてもじゃないけど私の頭なんぞではできないので(次号でエドにリザが話すような気がする。イシュの過去話とともに。イシュ過去編、マルコーの語りがメインにしても、リザやロイの部分て分からないだろうからリザ視点も同時にあるんじゃなかろうか。あの陣、自宅だからってハイネック以外の服着たら見えるだろうし。わざわざあそこでエドがリザを訪ねるのって話の流れ的にその可能性もあるのかなぁと)単なる妄想スタート。とにかく誰がつけたにせよ、火蜥蜴の陣であるからには、ロイが絡むのだけは確かですよね。(まぁ、それが救いで萌え要素になるんですが。だってロイが全く関係なく怪しい錬成陣刻まれてたら痛すぎる…)や、逆にロイが絡むからこそなんか重いというか痛々しくもあるんですけど、でもやっぱ絡んでくれててよかったよ…(わー自分でも何言ってるのか、わからなーい;;)今回の話のタイトルが「イシュウ゛ァールの傷」なことからしても、あの錬成陣はやっぱイシュの時のもののような気がするんですが…ノックス、スカー、マルコーときて最後の最後でリザの傷みたいなさ。(正確には、その前の大佐と少佐の心的な傷も含まれると思うんだけども)そう、イシュ…まっさきに浮かんだのが以前のノックスとロイとリザの病院での「イシュウ゛ァールは巨大な人体実験場だった」というあの言葉と、その時の表情でした。あと、エドから「イシュウ゛ァールで何があった?」と聞かれた時のあの口を閉ざしている大佐の表情がね…。なんかリザの背中の陣を見ながら凄いぐるぐるした。(まだイシュの時のかどうかも分からんというのに;;)考えたくはないんですが、あの陣てなんか人体実験とかそれ系のもののような気がしなくもないですよね;;ただ、仮に万が一(それはあってほしくないんだけども;)人体実験かその類いだったとして、焔の錬成陣、ロイ絡みっていうのがなぁ…今イチ、陣と術者の関係って分からないのですが、あれって個人個人で決まってるものじゃないのかなぁ…。人体実験でないにせよ、あそこまで禍々しい陣をロイがリザに刻むとは思えないのですよ…むしろ私的には、あの上から陣を打ち消した火傷のあとこそロイの所行であってほしいなあというか。(不謹慎だけど、すいません;;それちょっと萌える)ただ、焔の陣がロイによるものだというのなら、互いをちゃんと知らない時とか??未だ、リザがロイをスコープの標準に合わせてたあのシーンの謎も解けてないんですが、あれが守ろうとするものではなく、殺す目的で狙ったのなら、それが失敗して捕虜となって実験体…??うわー何それ;;えげつないにも程がある;;でもあの状況下ならそういうこともありそうな(軍のどっかがロイを殺せとリザに命じてさ、そんでいざそれが失敗したら知らぬ存ぜぬで口封じのために今度はロイに実権体にするよう仕向けるとかさ)で、まぁ陣を刻み始めるんだけども結局はそんなこと出来ずに自ら炎で陣を破綻させたとか…。その際、あの陣を肌に刻むには時間がそこそこ必要だから何か話したり何ダリしてるうちに殺せない感情が生まれるとかさ。(すいません;背中差し出してるリザにちょっと萌えたなんて不謹慎にもほどがあるよ!私の脳内!!)あーでも、やっぱりこの妄想は無理があるよ;;なんか納得いかない::そりゃそうだ;;(や、殺し殺される相手とのギリギリのラインでの感情の変化、葛藤にはちょっと萌えるんだけども;オイ)

じゃ、焔の陣を刻んだのがロイでない場合、それは、ロイの師匠だったりしないかしらと…またいらぬ妄想を;;(やめとけよ;)なんか、あの陣、ロイのは簡略バージョンでリザのが完全版のようにも見えないこともない…。とか思ったら、うっかりとんでもない師弟物語が回ってしまいました;;ああ…回らんでいい、回らんでいいよ;待てよ脳内;;そんで、火傷はやっぱりロイが陣を阻止するためにやったという方向で。そのままリザをかっさらった方向で。なんだその昼メロだか何だかな話は…;;自分でもどうよ?と思うのでこれはこれ以上は語りません;;よってこの妄想も却下!!(でも「辛抱してくれよ…」と自分のが辛そうな顔して、リザの陣を打ち消すロイにはちょっと萌え…いえ、すいません;;なんでもありません;;)

あーリザにあんな陣を刻むのはロイじゃない気がすると思いつつも、それを刻んだのがロイ以外の誰かというのも、なんか凄く複雑だなぁ…(どっちなんですか)リザの肌にある焔の錬成陣ときたら、やっぱロイのものであってほしい気も…うーんうーん。ロイが刻んだ方向でいくのなら、あとは生死の崖っぷちとか。その陣を使わないとリザの生命に関わるとかそんなん。でも、それってちょっと人体錬成っぽい気も…;;(でも、あの陣を見た時、ふっとアルの魂の定着のための血印もぐるぐるした…)実は既に扉開いてたとか…いくらなんでもそれはない!!それはないよ!!脳内ぐるぐるしすぎだ私;;(頭を叩きたい勢い)それに生死のギリギリのラインであんな時間かかりそうな陣を刻む余裕はないと思います。この妄想も即却下です!!

あとは、ロイとリザの二人で追いつめられて、発火布とかも使えない絶体絶命の状況から脱却するためにリザの背に刻んだとか…いや、それだったら自分の身に刻むだろうロイは。なんかこれも考えにくいんだけど、ロイと一緒に闘うため、ロイの焔に巻き込まれないための陣とか??うーーんうーーん??

重すぎるので考える前から却下したい感じですが、戦時下の狂気の沙汰の愚行…いや、それはいくらなんでも重すぎる;;ないないない!!!


うわー妄想溢れ出しすぎです;;恥ずかしい…痛すぎる!痛すぎるよ私;;ち、ちがうの!いつもこんなんじゃないの!!凄く動揺したんです今回…::動揺しすぎてこんな有り得ない妄想ばかりを;;ああああ;;
このまま続けるのも痛すぎるのでこれはもう一度ここで終わり。

ちゃんとした感想と妄想はまだまだ続く。わーん、読んでくれた人、ドン引きしてそう;;お友達少なくなったらどうしよう;;(ただでさえ少ないのに;;)すいませんすいません;;別に本気で妄想してるわけじゃないです;;だから私には予想は不可能なんだってば!!あり得ない妄想ですよ。これら全ては。ついでにうっかり回った妄想なのであって、願望とかでもありませんので!!念のため。
スポンサーサイト
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。