2008'09.14.Sun

9月13日☆もえの海におぼれる…(※今月号ネタばれ)

ちょ、も、ど、…どうしたらいいんですか!?これ!!もえすぎてどうしたらいんですかこれ!!1日おけば多少は落ち着くかと思ったんですがダメだ!全然落ち着いてないよこれ!!なんかもうどう感想(妄想)を書いていいのかも分かりません;あわわ;萌えに言葉がおいつけない!!水のように流れ込み渦巻くもえ…

そんなこんなで叫び逃げになりそうですが、以下はネタばれご注意です。テンション高めの叫び&妄想注意です。増田祭です…(増田にはロイアイが含まれます。むしろそれが主成分です)

[:hide:]

マダム、きたぁぁああああ!!!!待ってた!待ってましたよ!!マダムーーー!!!(初登場以来、これだけで終わるキャラじゃねぇええ!と再登場をのぞむマダムコールをどれだけSさんと繰り返したことか…笑)

しかもロイ坊との会話再び!これをホントに待ってた!もえる!!と既にこれだけで興奮してたんですが、それだけでは終わらない期待の遥かうえをいくのが鋼の凄いところです、恐ろしいところです…ただの再登場じゃなかった!?ここにきてそんな設定が明かされるなんて誰が予想し得ようか!!
うわーうわーたまらん!養母って…!?!?マダムが養母って…アナタ!!!!(興奮)あああああ、家族描写が明確な鋼のメインキャラの中で増田だけがそのへん全くないのは逆に意味があるのか?とか思ってたけど、そうか、マダムか!だから「ロイ坊」か!やられたぁあああ!!本当にやられた。しかも養母ってあたりがまたね(実母じゃなく)、凄いもえる。あのマダムが養母で、しかもあのやりとりっていうのがたまらなく萌える!!
やばい…増田とマダムだけで既に果てのない妄想の海に沈みそうだというのに、そこにキますよ!!「エリザベスちゃんとパーッと遊びに行けばいいじゃないか」というあの台詞が!ただでさえ萌えたあの台詞が更に威力を増してー!!ちょ、も、ど、どうなの!どうなの!!グラマン爺ちゃんとも繋がってるしさ!どうなんだよ!あの孫婿孫娘!!いくら熟年夫婦っぷりを発揮してるからって、もう親族ぐるみの付き合いなのかそうなのか!?ええ!?(錯乱中)や、それはいきすぎでしょうけども、やっばい…ロイアイを見守る第三者もえ的におじいちゃんとマダムって凄くおいしいと思っていたんですが、それが更に増してしまった。もう妄想が止まらない。本気で止まりそうにもない。
じいちゃんはマスタング君を孫婿に、マダムはエリザベスちゃんをロイ坊の嫁に、とか思ってるに違いない!!もどかしい二人を前に時には手を組んだり、時にはライバルだったりするといい(笑)「マスタング君はもらうからね〜」「ロイ坊はやるけど、代わりにリザちゃんをもらおうかね」みたいなさ。(や、マダムは放任主義な気がするし、そうあってほしいけど。でもエリザベスちゃんはお気に入りなので言い合ったりしてると楽しいなと…ザ★妄想ワールド)ああ、ヤバい、件の腹黒爺といい、マダムと爺の会話も妄想が止まらない。一筋縄でいかない人達の会話にロイアイが絡んでるってものっそい萌える!!ハァハァ。

ああ、あとはオリウ゛ィエ様とマダムの会話が見たいなぁ。(もうみんな繋がっててロイアイを見守ったり何だりしてればいいよ妄想)でもこれマダムが養母となると、ちょっと今までの妄想とは違ってくるんですが、それはそれで萌える。

あーなんだか支離滅裂妄想になっててすいません;叫び逃げ感想なのでお恥ずかしい限りですが、このまま続けてみる;;

とにかくマダムとロイ坊のやりとりにダダ萌え!!
上では監視役をふっとばしておいて「あーあ あたしの城が…」に「また買ってあげるからカンベンしてよ」にやられた!チクショー悔しいが、もうこのへん一連の増田がたまらなくツボなんですがどうしたら!!なんかもうスイッチをブチってちぎってポイと捨てる大雑把な動作(あの会話しながらがポイントな)にすらトキめいたのはスーツだからだ!きっとスーツが悪いに違いない!!(悪あがき。でもスーツは卑怯だ!コンチクショウ!!)

あと余計な深読み妄想的に、お店の【女の子】に対しリザが【女(ひと)】だったり【女性】だったりしたのに増田お前!!と勝手に萌えておく。や、単なる便宜上だろうけどもさ、萌えるのは自由ということにしておいて下せぇ。

マダムが背を向けてから「ありがとう」と言う増田と、それに後ろ手を振って答えるマダムに、ああ本当に身内だなぁと萌えた。(「ご武運を」の時のリザとのやりとりが思い出されたり)こういうやりとり本当にたまんねぇ!その後の台詞も言わずもがな。


そして増田が向かった先に増田組が、リザさんが待っているわけですが。ああああああ、もうね、もうね!!これを萌えずにどうしろと!?てか萌えが続き過ぎて呼吸困難になりそう。むしろ過呼吸?ぐらいの勢いで(しっかり)ゼェハァ。「おまえの憎まれ口も〜」の時の増田の表情がさ!もうさ!!今までにない顔ですよな。や、この表情がさ、今までの全てを物語ってる気がしてさ。増田組バラバラで独りで事を進めていかなきゃならなかった大佐のさ…やっぱり大事なことは言葉以外のもので語るよね(おそらく無意識に)この男はさ!たまらなくもえ!!

そんでもって、ついにきました!!ハァハァ。スーツ増田とリザさんという念願の組み合わせがぁあああああ!!待ってた、これを本当に待ってた!!(悦&興奮)しかもそれをここにきてもってくる牛先生が…やられたぁあああ再び!!ロイ坊から大佐にナチュラルに変わるギャップがまたさ!たまらん!!増田はギャップがもえのポイントだと予々思っているわけですが、それをまた上手いことさぁ、あああもう、もえしねる…!!!チクショー(とりあえず叫んでおく)
「命令を」「死ぬな!以上だ!」にもうどうしようもなく萌えてもえてもえてたまらんかったのは言うまでもありません。ああ、もう、ここは(も)コマの全てをしつこく細かくもえもえ言えそうなのでここらへんで。増田め!!増田め!!

因みに本当にただでさえヤバいのに、スーツがとんでもなくヤバかったわけですが(個人的な好みの話として)、この後、大総統夫人のところに行く時にはちゃんと軍服に着替えてるあたりもいいですよな。
てか、あの持ってたカバンには軍服が入ってたのかーと納得しつつ、うっかり始まる妄想劇場。流れ的にあの直後に行ったんだろうから、あの場で着替えたんだと思うんですよ。そんでさ、そのスーツから軍服への着替えをリザさんが自然に手伝ったりするわけですよ。「さっさと着替えて下さい!時間がないんですよ」「ああ、分かってる」とか言いながら当然の如くの光景に「なんか見てはいけないものを見てる気がするんですが…」「今更だろ」とか周りの人たちがあまりの夫婦っぷりに恥ずかしくなってればいい。
増田がそでのボタン外してる間にリザさんがタイを解くとか、そこまではしなくても、後ろで上着を脱がせたり、羽織らせたりでも萌える。スーツから軍服への着替えというところがポイントでひとつ。ビジュアル的にもえー


まだまだ書きそびれたところはあるんですが、今日はこのへんで。とりあえずのもえ&妄想の叫び逃げでした。またしっかりとした感想は追々と書きたいなと。
こんなテンション高めの叫びにおつきあいいただき本当にありがとうございました。(深々)
スポンサーサイト
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可