2009'04.14.Tue

4月13日☆長いよ;;今月号本誌ネタばれ妄想感想

前置きの分はメモに残ってたのでそのまま使ってます(前置きより本文が残っててほしかった…orz)消えたショックにうちのめされながらもなんとか書きましたよ。よろしければどうぞ。↓


きたぁああああああああああああ!!いろんなものがいろんな意味できたぁああああああああ!!!!


とにかく本誌を一刻でも早く読みたい気持ち(なんか出番があるっぽい?という以外ネタばれも我慢してたので余計)でゲットしたのが発売日のお昼前,それからもっのすごい勢いで妄想やら何やらのぐるぐるが脳内ではじまって他の何もかもが全く手につかない状態になってしまい、気が付いたら手が本誌をめくって何度も読み返していて更に脳内ぐっるぐるのループで何をやるにも上の空でこりゃイカン;と夕方からの資格授業(オンデマンド)の予約もキャンセルした駄目な大人です;(先週はアニメ1話をリアルで見るために授業予約入れなかったとかしたばかりだというのに;;鋼バカです、てかロイアイバカです;)でもさ夕飯の買い物中でさえ気を抜けば脳内にぐるぐるしだして挙動不審ぎみなのが自分でも分かるんだもの;授業受けて頭入るわけないじゃん;;(威張れることじゃありません)一昨日2月に受けた試験に受かってたことが分かったし(本っっ当に良かった!!涙)ご褒美だご褒美!ロイアイ脳にご褒美!!
そんなこんなでSさんからきたメール(ちょっと期待してた!笑)にビックウェーブに翻弄されまくりの長文返信してたらその日がすっかり終わってました…(そして翌日が土曜日な感覚でしたorzアニメな日曜ですよ!どんだけもってかれてんの!?;;)

で、現在進行形でそんな脳内です。牛先生が神すぎてロイアイが凄すぎて愛しすぎてあまりにぐるぐるしすぎてこの想いを私のボギャブラリーでは半分も言葉にしきれる自信がありませんorz;それでも溢れ出してきそうなので語らせて下さい;(とりあえず第一段という形で。また暫くぐるぐるするうちに変わる可能性もありますが)

そんなわけで、以下、いつにも増してロイアイフィルターかかりまくりの妄想感想になるかと思われます。しかもかなりの独り善がりな語り注意報発令!!(論理的思考は出来ないくせに好き勝手にガーーーッと語ってる感じ;orz)
そんでもって、なんか私、先月とかは萌えて萌えてしょうがないながらも(だからこそ)その一方で先への展開的にネガティブ思考がつきまとって不安な伏線に思えて仕方なかったりする部分もあったんですが(そんな自分が凄く嫌だったんですが;)、今月ぐらいに辛くて痛々しい感じの追いつめられ方向にくると、逆にどうした?ってくらいポジティブというか自分にものっそい都合のいい展開妄想をしてもえてしまう天の邪鬼脳っぽいですorzすいません;; 

そして今回のは、過去編あたりからいろいろと引っかかりを覚えてた(悪い意味でなく伏線的な意味で)台詞やら設定やらがここにきて一気に昇華されだした気配にうわーうわー牛先生って本当にすげぇ!!!!!ここまでロイアイの真髄に真っ向から切り込んでくれる(向き合ってくれる)なんてもうなんかもう!!鋼という物語を綴るうえで主役たる兄弟を支えたり見守ったりするサブ的ポジションと思いきや、ど真ん中、ロイアイは欠かせない核の部分にいたんですね!!ロイアイの真髄を中途半端にしないで描いてくれそうで(描いてくれた!と言えるのは来月号以降だだと信じてやまないわけですが)辛いとかとはまた違った意味で泣きそうだ!!やって下さった!!という感じですので、そのへんも踏まえた上で大丈夫なお方のみ「つづきを読む」からどうぞ。

前置き長っ;;この調子でいくと以下の長さは…orzorzorz

[:hide:]

大総統夫人が!とか他のキャラもいろいろあるんですが(今回の展開も大好きだ)そのへんはまた改めて触れるとして、もう今回は本編のロイアイ一点絞りで(あれ?いつもそうだっけ?;;)

ああ、もう本当にどこからどういうふうに言葉にしていけばいのか分からんよ!!考えてると永久に書けない気がしてくるので思い浮かぶままに支離滅裂になりそうですがご容赦下さいorz
感想語りというよりは好き勝手な独り言だと思って下さるとありがたい…。

今回ばかりは「もえ」を超えた言葉がほしいと思わずにはいられない!!もえるんだけどもえまくってるんだけど、それだけじゃなくなんかこう、もっとこう…重さというかディープなものまで含んで切なさとか痛さとかそういう様々な感情を混ぜ合わせた何かをー!!!(や、もうそれ一言じゃないよね?;)


なんだろう…本当に今月号は今まで描かれてきた様々な台詞や描写が一気にガーッと繋がって組み立てられていく感覚に心が震えました(例えれば、各々でも綺麗な色をしたピースが組み合わされたことによって一つの絵を描きあげて各々に一部分としての更なる意味が見出された感じ)
最高最強にして最凶と言われた力を託し託される過去編から始まって、その力を使ってしまったイシュを得ての「私が道を踏み外したらその手で私を撃ち殺せ」は勿論、「己がただの人間であると実感できるよ」とか10巻のロイアイとかそれはもういろいろなシーンや言葉がね、あの壮絶な状況を読みながら同時によぎって本当にもう、うわあああああとなるんですよ。それで現状が更にこう胸を鷲掴みにされたような感覚で迫ってくると同時に且つての台詞が活きてくる相乗効果!!もうなんなんだ牛先生!!すげぇ本当にすげぇ!!

で、この流れ(今まで描かれてきたものとの相乗効果)で、アップする前に消えてしまった分(泣;;)は今月号のマスタングに対してをダラダラ語ってたのですがこれまた長くなってしまうので今回はやめておきます;一言で言えば、私は肯定派です。(や、勿論、ああいうマスタングがいい!とかそういう意味ではないですよ;;リザによって正気に戻るのを信じてるのが大前提なうえで、あのマスタングでこういう人間の強さと脆さ(危うさ)の表裏一体を容赦なく描いてくれたというのは、マスタング個人としてもロイアイ的にも凄く凄く意味のあることなのではないかと。この悲痛とも言える状況にむしろ先への希望を見いだした私はおかしいのかそうなのか;;)機会があればまたいずれダラダラと…(語らんでいい!;)

そんなこんなで具体的な本誌のあれこれに関して妄想感想です。(ロイアイフィルター全開です。それだけしか見えてないわけではないんですが、今回ここでは敢えてそれ以外語らない方向で。どうしようもない長さになってしまうので;)

ないことはなかったよ…!?初っ端からきてしまいました…復讐心一色に染まりつつあるマスタング…なんというかマスタングがあそこまで復讐心に染め上げられたのって、今まで心奥に押し留めていたせいで(それが可能な意志の強さがあるが故に)自分でも知らぬまに膨れあがっていたものが一気に爆発してしまったというのもあるでしょうが、それ以上にエンヴィーのえげつなさ極まりない殺し方がトリガーだったように思うんですよ。最愛のグレイシアの姿で殺される…それは絶対にあってはならない事だった。誰より妻と娘を愛してるヒューズでそれを誰より知っているのがマスタングだから…というのと同時にね、ここから本当に完全にロイアイ脳の妄想なんですが、最愛の人の手で殺されるという重さを知っているマスタングだから余計…ってのもある気がね、「撃ち殺せ」と他でもないリザに言ったのは資格〜もあるでしょうがマスタングの人生そのものを預けたロイアイ的プロポーズだと私は思ってる(世間一般とはかなり異なるけどある意味ずっと深い。命がけで共にいよう的な)のですが、それはあくまで自分達のスタイルであり、そういう事にならないために何よりも抑止力があるからこその覚悟だったと思うのね、それを「普通に幸せになってやる」的なことを言ってたヒューズに(ヒュグレの形って自分達がそうなりたいわけじゃないけど憧れめいた眩しい視線で見守る、影の中で見る日溜まりのような大事な部分がロイアイ(主にロイ)にもあったんじゃなかろうか。ヒューズの「早く嫁さんもらえ」発言とかね)、しかも本人じゃない偽物が決して決してやっていいことじゃない、こればっかりは理性で耐えられることでとてもなく我を忘れるほどの怒りに繋がったんじゃないかと。

そんで「こいつは私の獲物だ」と目の色を変えて邪魔だと言わんばかりのマスタングが、ここでリザだけは傍に残しているんですよね…復讐心という名の狂気に呑み込まれる中の唯一の良心というか本能的に無意識にリザという存在を求めているようで、すいません;萌えました…!!(通常ならそれは至極当然なのですが、ここまで我を失いつつあれば「君も鋼の達と先へと行ってろ!すぐに片付けてくる」とか言っててもおかしくない気がする)そんでそれはリザにも伝わってる気がして更に萌えました…!(もとより何と言われようとリザに離れる気はないでしょうが)
ああ、だからこそ「ダメならその時は…」のリザ視点のマスタングの背中が今までにない背中で切ない。リザさん、この時点で約束を果たす=無理心中(増田を撃ち殺して生きていられる人ではないと思うので)の覚悟もしてるんだろうからさ。

今回の話を一言で要約するならスカーの「あの男 あのままでは自らの炎で己の心も焼き尽くすだろう」の言葉になるんだろうな(それをスカーに言わせるあたりがまた、さ!!)それだけは避けなければならないと必死なリザがもう、ね、どんだけ愛されてんのマスタング!!!(そんで余計こう胸にギュッとくるわけですよ)

そして、かなり前からロイアイ者の不安要素であったであろうエンヴィーが相手に変身して騙すという展開がまさか!まさか!!こういう形で描かれるとは!!牛神様じゃぁああああああああ!!!!(状況的に不謹慎ですいませんが;;今月号も)これ、最初はどっちが化けた方なのか分からない描かれ方してるのも凄い!!(や、素直にリザさん視点の流れで読んではいましたが読み返してみたらどっちにも思えるよね?さすが牛先生!!と)エンヴィーの変身能力が割と完璧じゃありませんでしたか?にぃ…とカマかけだした時点でリザさんはほぼ確信してると思うんですが、こんだけの間にどうして分かったんですか!?リザさんには増田センサーでも付いてんのか!!と改めて凄さを思い知らされました。もえる!!
この状況下での「ついて来い」とか先程までの雰囲気の違いとかからなんでしょうが、それにしたってねぇ?リザさんじゃなければ分からなかったと思うんですが。それともあれか!「ウソよ」が嘘なのか!?(笑)
そう!そのとんでもない爆弾発言なカマかけですが、ちょ、なんですかあれ!?どういうことですかこれー!!?もうね真偽はどうあれ、ああいう土壇場で即座にリザさんが、まさかああいう事を言うとは思いもよらなかったのですよ!!それだけでも萌える!ものすっごい萌える!!他の話題でもよかったろうに何故それなの!?的な余計な深読みをしてしまうじゃないですか。そういう仲な可能性が本当に全くゼロだったら出てこないように思えるんですが…。エンヴィーなんかに簡単に理解できる単純な関係じゃないということですか!それでこそロイアイ!!メガもえ!!個人的に「リザ」呼びはここぞという時の呼称が萌える派(あまり普通にというか簡単には呼ばないでほしいっうか)なので「ウソよ」は凄いも え る!!!この言葉があるからこそ、いろんな方向でもえてたまらん!!
そんでリザ様が格好よすぎる!おもわず様付けしてしまうくらいだ!惚れる!!美尻!(オイ)
このへんもね、10巻のリザが崩れ落ちた時にマスタングが格好良くて、今回のマスタングが壊れてしまってる時にリザが格好良いあたり、この人達やっぱ2人でバランスとれてるんだよ、どんだけ夫婦!!とそんなとこまでもえてしまうのです。
そしてこの流れでのマスタングの「大切な部下」発言もね、いろいろ吹っ飛んでてもリザのピンチには間に合うセンサーがついていて、そんなアピールはかかさないのか!増田!!と萌えました。ここまで狂気に駆られてる状態でもその認識は飛ばさず、いろいろ言いつつもリザはその場に居ること許している(自然と思っている)マスタングなんだからリザによって正気に戻れると信じてます!!

そんでもって、以下、初めに読んだ時に動揺しながら瞬時にぶわっと思い浮かんでちょっと萌えてしまった(すいませんすいませんorz)今後の自分に都合よすぎる妄想です(※予想ではありません。敢えて予想するなら「私には予想できない」が予想なスタンスですんで)
勿論、エドとスカーにきっかけを作ってもらいながらも最後の最後、正気に戻すのはリザであってほしいというのは最重要ポイントでお願いします(てか、そうじゃないとリザの存在意義そのものが揺らぐような気がしてならないので、そこは大丈夫だと思うんですが。ですよね?ですよね??「守るべき人」もね、今回の件でリザがマスタングを救ってこそ活きてくる気がしてきたんですよ。勿論、護衛等でも十分守ってきてるんだけど、リザよりずっと力のあるマスタングを守るってやっぱりその心を守るってのが何より大きいんじゃないかと思うんです。そんで場所がラスト戦と同じというのも意味があるように思えてたり。あの時は瀕死状態でありながらもリザを救いにきれくれたマスタングを今度はリザがね、メンタル部分でな)

その1。銃ではなくおもいきり素手でマスタングの顔をひっぱたいて一瞬呆気にとられた隙に、なんかこう正気に戻るような一言を言うリザさんの頬には涙がつたってて我にかえるマスタング…因みにこういう時のお約束だと名前を呼ぶのが一番効果的なんですが「しっかりして下さい!ロイ・マスタング!!」はなんか違うなぁ;そういう叱咤はエドがやるような気がするし;名前呼び(個人的にそれならフルネーム推奨の人)がいきてくる台詞ってどんなんだろう…(思い付いたけどもどうもしっくりこない妄想;;)

その2。マスタングを撃つと思わせた銃口を自分に向けるリザ(最終手段というかマスタングを信じてイチかバチかの賭的に。己が撃たれるよりマスタングにはこっちのが堪えると思ったり…それが堪えないようなら本当に以下略)なっ!?と正気に戻ってすんでのところで止めるマスタング。叩き落とされて床を滑る銃。リザを抱きしめて「何をするんだ…君は」(「馬鹿者が!」にしようかと思ったけど、それ、今のマスタングには言えないよな;)「戻ってきて下さったんですね大佐」みたいな…。

その3。撃つと思わせていた銃口を降ろし、そっと背中からマスタングを抱きしめるリザ。ある意味、これが一番効果的なのでは…。壮絶な状況の中、暴走した相手を捨て身に近い覚悟の体当たりで包み込むように抱きしめて救い出すシチュが大好物なだけです;すいません;(そうなるまでにはある程度エドとスカーの協力を得てね。エンヴィーはイシュ戦の発端というのもあってスカーがとどめをさすような気もするし)


等々とりとめなくいろいろ妄想してますが、とにかくリザさんがマスタングに銃口向けたりってどんだけキッツイ想いさせてると思っとんの!増田は早く正気に戻って謝れ!もうお前が素直な涙を流して謝れ!!や、諸泣きだとギャグだけど、リザさん抱きしめて胸元なり肩口に額あてて顔隠してとか一筋の涙でいいから「すまなかった…リザ」(私は階級呼び萌えな部分あるので中尉でもいいんですが、ここは敢えて中尉になる前のリザに対しても含める意味合いで。っうか私はここぞという時の「リザ」呼び萌え!なので今回ばかりはエンヴィーへのカマかけを得てのエド&スカーもいようがリザ呼びをやってくれたらね、もうね、たまらんのですがね!!ハァハァ。妄想暴走中)と、今度は雨だなんてごまかさずリザの元で素直に泣けたら、いろいろとちゃんと昇華されると思うんですが駄目ですか。勿論、おかえりなさいってリザが涙流してもいいけど。おもわず一筋みたいなね…


…って、これでもかなり語る部分を省いたというのになんという長さだこれ;;orzorzここまで読んで下さった方なんていらっしゃるんだろうか;;そのくらいのものすっごい自己満足な語りに(独り善がりと恥ずかしい勢いの妄想、本当にすいませんでした;;)おつきあい下さいまして、本当にありがとうございました!!(嬉泣)

まだまだロイアイ部分だけでも語り損ねた部分はいろいろあります(どんだけ…orz;)ので、また改めて…。アニメ感想とかもちょっと書きたいんですが、もうね、原稿やら企画準備やらが本当にシャレにならないくらい予定から遅れまくってる現状でして;;ハイ。もってかれすぎたぁぁぁああ!!(脳内やら時間やら)なので取り戻す旅にでます。(悶々したら呟きにきそうだけどね;かなりね;)
スポンサーサイト
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可