2010'11.21.Sun

うっかりうっかり〜(ひとやすみひとやすみ〜な感じで)

本誌今月号の鋼情報関連の叫び逃げです。

今月号、あの凶器になりうる本誌をDVD最終巻の4コマ予告用の1コマに釣られてうっかり買ってしまいました。ええ、うっかりです。おもいきりうっかりです!うう…うっかり大ブーム到来中です。それもこれもうっかり増田のせいです。「目が見えないのをいいことに中尉にうっかりおさわりしてしまおうと思う!!!」って!ってぇええええ!!!おま…!!これが興奮せずにいられるかー!故意にうっかり何する気だお前!!いいことにって!うっかりって!おさわりって!しかも思うのあとにやる気満々の「!!!」どんだけ本気なんだ!うっかり増田さんよぉ!「君を失うわけにはいかない」以降、これまでの反動か本音ダダもれだったわけですがついにここまでストレートにきたぁあ!さすが増田!ただでは起きません!視力喪失もチャンスにかえます!黒いです!せこいです!それでこそ増田です!(笑)リザたんの銃を「すまない」とおろす時に手に触れて、ぎゅっ!と抱きしめてからスキンシップが癖になっているようです!いいぞもっとやれ!!(どうなるかは想像に難くない気がしますが笑) や、アニメは原作と違って共闘でべたべたぎゅ!できなかったものね〜それがまさか牛神様のこんな萌えネタでくるとは思わなんだ!!すみません、もえもえとものっそいテンションあがってます!とんでもない1コマじゃーーー!!アニメ共闘がちょっと距離あったのは増田のこの邪な脳内をリザたんが察知してよけてたんでないの?と思いつつ(笑)どんな3コマが続くのか待ち遠しくいろいろ妄想するのが楽しくてしかたありません!たまらない!DVD最終巻買うぞー!! 

複製原画と銀時計のやつ、正直、記念にほしい気持ちになったのですが6万円は無理ですな;;複製原画、当然のようにロイアイなのはもちろんとして、増田の後ろあたりにマダム、そして増田の影に半分隠れるようにしているホークアイ師匠ってのが個人的にはとてもおいいしんですが!(笑)うっかり妄想まわってまう!

はがねっち、某たまごみたいな育成ゲームじゃなかったのか!ミニ増田が育てられるのかと思ってた!(笑)そんでリザたんがお世話係で出てこないかなと妄想してた!(さすがにこれは妄想。笑)や、ミニゲームとドットアニメも気になるので申し込む気ですが!

1番くじも気になるー!シャオメイかわいいー!クリアファイルは大将もいるんですな!隣に副官たんもいればもっといいのに!!ストラップもかわいくてロイアイでほしい!問題はどこのコンビニに勇気を振り絞っていくかですな;が、がんばるぜ!!

映画、ついにCMでてきましたな!先週の日曜日、完全に不意打ちだったのですごいびっくりした(笑)でもすごいテンションあがりました!サイトの方では増田とリザたんも出ててとりあえずこの二人が出てくるのは確定でうれしい限り!!期待もあれば不安もありますが、とりあえずはまたあの二人が動いてしゃべってくれるってことでワクワクがとまりません!夏までいろいろと楽しみが続いてものすごくうれしい!

明日は最終巻発売ないい夫婦の日ですね!原稿がかなりがけっぷちですがorzこれは買いに走らずにいられないんだ!!
スポンサーサイト
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'06.09.Wed

今更ですが6 月号本誌107 話


先週アニメFAは本誌CMに全てをもってかれました…ちょ、まっ…む、胸が苦しい…あ、れ?なんで泣いてるの私…あああああああゴメン!心の準備なんてできてません!!それでもくるものはくるのですよ。も、もうこのままありのまま全てで当日を受け止めようと思いつつ、おもいきり今更感漂ってますが;まぁまぁここは落ち着いて先月号でも振り返ってみましょうよ(私が)、な感じでひとつ…。(カウントダウンはいろんな意味でキャパオーバーなので;当日と後夜祭はやりたい所存!後夜祭は脳内ひきこもりになってなければですが…今回ばかりは世の祭の波にのりたい気持ちはあるんだよ!)

相変わらず出遅れまくりすら通り越しててすみません;うん、今更だなんて分かってる;すぐに妄想感想をあげたい気持ちは凄くあったのですが、なんかもう、本当にもう、 気持ちが大きすぎて言語化不可能!溢れんばかりの気持ちにさっぱり言葉が追い付いてくれないよ!足りない!全く持って足りない!そんなもんじゃねぇ!この無能!!…と言語中枢と葛藤し脳内でぐるぐる独り祭をして月日が過ぎてました…早いねぇorzorz
そんなこんなで、言葉に出来そうにもないままorz、いつも通りの独り善がりな支離滅裂ダラダラ妄想感想ですが、よろしれば…。

[:hide:]
あああああ、どうやってこの気持ちを言葉にしたらいいのか分かりません!ぎゅっ!ぎゅーぎゅうううう!!(とりあえず私は落ち着いたらいい)
もうね、最初から最後までいろんな気持ちが湧き上がって胸がいっぱいで涙腺が緩みっぱなしでした。ああ、私、鋼という物語が、この話に出てくる皆が大好きだ…本当に大好きだ…!!!
扉絵で既にじーんホロリとなって(なんかここにきてこの集合絵ってクるよねぇ。ロイアイもおいしいし)本編のキャラそれぞれにぶわっとなって、そして最後の最終回予告に涙腺崩壊…ああ…もう、ああ…!!!!!!(言葉にならない)

いろいろと語りたいことはあるのですが、本気で長さがとんでもなくなるので;ここからはいつも通りのお約束でロイアイオンリーで。(それでも凄く長くなりそうな予感;)

まさかの巻頭カラー占拠きたぁぁああああ!!!!!「今夜の火力は〜」以来ですか!?(記憶違いだったらすみません;)あれも相当驚いたけど、最終回の1話前というある意味1番のクライマックス巻頭カラーをロイアイでもっていって下さるなんて、なんて、牛神様じゃあああ!!(拝)
しかもリザ視点って、本当に鋼ってロイアイ物語…以下略。
そう、初見は上記のことに興奮して見逃してたんですが;最初のコマがリザの視界だと気付いて、ああああ…と。このぼやけ方って立ってるのが不思議なくらいなんじゃないの…。そうだよね、本当なら絶対安静の筈でいつ倒れたっておかしくない体。それを気力だけで立ってる状態。マスタングに負けてないぐらいリザの精神力も相当強いと思う。限界を超えるかのような状態でそれでも立っていられるのはマスタングがいるからで。悲鳴をあげ続ける体に言い聞かせるように頬をはたいて気合いをいれたリザが見つめた先がマスタングの横顔っていうのが、もう、ね…!
そして「私一人のうのうと生きて行く気はありません」何故、ここにきてこの回想、リザの気持ちなのだろう…と凄くひっかかりを覚えたんです(悪い意味ではなく)が、ここって最終決戦まできて焔の錬金術やいろんなしがらみを抱えて歩んできたこの2人にとっての大きな転機なのではないかと。常に前へと進む2人ですが、抱えた罪の重さから根底に横たわる自己犠牲的な一面は拭い去れず、それはリザに顕著に現れてた気がします。「お望みとあらば地獄まで」「私の背中を焼いて下さい」「イシュヴァールのけじめ」そして「私一人のうのうと生きて行く気はありません」…どちらかといえば自滅的な覚悟だったんですよね。勿論、リザがバカな事をと恥じているその台詞こそが復讐心に染められたマスタングを踏みとどまらせた決定打なのは間違いないように、それが本人にその意図がなくとも(むしろ後で反省する類のものであっても)相手には凄く効果的に作用しているのがロイアイがロイアイたるたまらなく萌える部分なんですが!
でもそれはたぶんリザは分かってない部分で(こういう肝心な部分でスレ違っちゃうあたりが、またたまらんのです!「君を失うわけにはいかない」の真の意味はリザには伝わってない気がする。増田頑張って!)今はあの時自分は諦めてしまっていた…という反省なのでしょう。覚悟は覚悟でもあの時のリザの覚悟は共に死ぬ覚悟だった。それが同じような諦めてもおかしくない状況でマスタングはまだ前を向いている。諦めずに立ち向かっている。それは何があろうともどんな状態になろうとも共に生きる覚悟。そこにリザの気持ちが重なったんじゃないかと。共に死ぬ覚悟から共に生きる覚悟へと。本当の意味で未来へと生きる二人になれそうな予感にもう胸が熱くなって巻頭から感極まってしまいましたよ!ああ、もう!感想というより妄想にすぎませんが、いろんなものを乗り越えた2人の新たな形がここから始まろうとしている転機な気がしてたまらんのです!!

国の未来を思う2人にとって大事な最終決戦において焔の錬金術を使ったのが復讐心にかられたエンヴィー戦が最後、最凶の力のままだとマスタング的に物凄く凝りが残りそうだなぁと思ってたんですが、それはリザも同じことなんですよね。だからここでどちらか片方でなく2人で同じ力を使うという言葉通りのまさしく共闘展開がきたのが本当に本当に感慨深いというか感無量というか…言葉にならないぎゅううううう!!!!(魂の叫び)

そんでグリリンが「おまえら錬金術師ならこのヤバさがわかるだろ?」て言ってる時にリザがマスタングを見てるのがさぁ…もう!もう!!
そしてヤバさが分からない筈のないマスタングの躊躇の見られない決断の揺るぎようのなさがさ…もう!本当にもう!!
グリリンの意見は至極正論でオリヴィエ様ですら部下からの言葉に残ることを決意した(この対比はどちらも凄く意味のあることで、牛先生のこういう描き方って本気でたまらんのよ!)というのに、その場の空気を完全に破って「よし行くぞ!」とリザの手を当然のように力強く引っ張る手も、グリリンの反論すらはねのけ「私の力とそれを使うために中尉が必要だ」と堂々と言ってのける肩に置かれた離す気のない手も、一見傲慢で強引とも思われる姿勢でマスタング主軸となってリザをこの最後の闘いの場に導く様に萌えないわけがない!胸が熱くなって感極まらないわけがない!!!ぎゅううううう!(私の心の叫び或いはリザの肩におかれた手の擬音)
足手まといになりかねない重傷者という自覚はリザにだってある、けれどここで退くわけにはいかない意志を汲める同じ気持ちをもつマスタングの強さの言動だと萌えるのです。この場を2人で闘わなければ前へと進めない…たぶんそんな決意を秘めながら、後ろ側で支えようとするリザを隣に引き寄せ肩をしっかり抱くマスタングの迷いのなさがたまらん!!なんていうんだろう…一見、強引でリザに甘えているかのようなスタンスで、実はリザを支えているというマスタングがものすごくツボなのですが、今回のは最上級のそれだと思うのです。ここの2人は上司部下であり、志を同じくしたパートナーであり、焔の錬金術という大きな力を受け継いだ彼と彼女であり、愛情に溢れた男と女である、なんか多様な関係性の全部が表れてる気がして、もうもうもう!!マスタングの言動からリザへの愛しさダダ漏れなのが、この一連の言動が惚気にしか見えない所以なんでしょうな(笑)「おま…」となるグリリン(ケガしてる女連れを堂々と宣言するなよと呆れてる的な。ロイアイに
しかなし得ない絆な感じが第三者視点で描かれるのドツボだ!はぁはぁはぁ)や、もう慣れてしまった感のあるキメラさん達がいい感じです。完全に周知の仲だよ!この夫婦!!

そんでリザと再会してからのマスタングが凄くマスタングらしくて、凄く萌える!リザが諦めない彼の強さに心うたれてたけど、その諦めない強さ、ひっぱる度量の大きさを作り上げている(引き出している)のがリザの存在だと思うんですよ。目が見えない状態で諦めずにいられるのは他の誰でもないリザが側にいるからなわけで。合流する前は膝を地に着き自分で動くことすらままならずに見えない目元に手をあて、どうにも出来ない歯がゆさに俯きがちだった男がですよ!?リザが側にいるだけで途端に余裕ともいえる素振りで、目が見えないことも感じさせないくらい堂々と立っている。これって彼女ならば自分の欠けた部分も補えるという絶大な信頼と計り知れないほど深い絆の自信と共にリザが大事な女だからってのもある気がする。無意識の範疇でリザの前では強くあれる男なんじゃないかと。あ〜グリリンの「おま…」はそのへんも含んでるのかもしれないな。さっきまで俺たちに助けられてたくせに!何いきなり元気になってんの?!的な(笑)
そんなマスタングに導かれてるリザがまたいい女でたまらないわけで!!息もあがって依然体的にはキツイ状態だろうにマスタングが必要としてるから闘う瞳になってるあたりがさ。
マスタングにはリザが、リザにはマスタングが、この二人にとって互いがいれば限界なんてなくて、どこまでも相手の存在で強くなれる2人が本当にたまらない!!萌えるなんてものじゃない!!はぁはぁはぁ。


「焔の錬金術師が来るぞ!!」
流れも台詞もイシュの時と同じで、けれどあの時と確実に意味合いが違うというのがたまりません!!何よりあの時はマスタングは孤独に闘ってたという違いがね!イシュの焔の中ではどこまでも独りだったと思うんですよ、それが今回はリザと2人なうえに他の仲間と協力して闘う焔の中なんですよね。
視力のないマスタングと満身創痍なリザが互いに支えあって寄り添って2人で焔の錬金術を使う…どちらが欠けても使えない、2人から生み出される大事な国を大事な者を守るための焔…「背中を託していいですか」から始まって「私を撃ち殺せ」で関係性の軸が決まり2人で歩んできた流れの中で常にどこかにあっただろう焔の錬金術に関してのそれぞれの負い目がここにきて昇華されていくような…これが本当の意味での力の姿なんだと思うと、もうね…萌えつつ感極まるものがあるのです。(不謹慎かもしれないけど、リザが背中に秘伝刻まれたのも、マスタングが失明したのもちゃんとここで意味を成し得てるようでたまらない!)
闘う間、合流するまでは見えない歯がゆさにしきりに開こうとしてた感のあるマスタングが目を閉じてるのが、リザに委ねてる感じでたまらん!絶対的な信頼だよね。そんでここでの2人の会話ややりとりが、自然でいつも通りなのにたまらなく萌える!!どこか一種のユーモラスさえ含んでとても大変な状況なのに2人が共闘してるってのがこの普通でいられる余裕をもうみだすのかと思うとさぁ!!ここでも発動中の2人の世界最強!!

お父様から神の力が放出された時に自分の身を挺してマスタングをかばっているリザがどこまでもリザで胸がいっぱいになります。あああああもう…自分の方が重傷なのに!これ、マスタングの目が見えてたら逆だったんだろうし、本当にもうここまでして闘い相手を守りあうこの2人が幸せになりますように…!!と心から願うばかりです。舞台というか道筋はここまでで充分整ってる気がするので、信じて時を待ちます。

ロイアイは勿論、皆が幸せになりますように…!

なんか語りたいことの半分も語れきれずに(言葉がでてこない苦しみ)不完全燃焼な部分もありますが、それでもとりあえず今思ってる先月号の妄想感想が語れてよかったなという自己満足。
もしお付き合い下さった寛容な方がいらっしゃったら本当にありがとうございました!のぎゅーー!いよいよ最終回…運命的な約束の日がやってきますね。
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'05.11.Tue

今更ですが5月号(106話)感想という名の妄想

本当に今さら;今月号じゃないですよ!先月号ですよ‥orz もう世間様では今月号なんでしょうな…いいなぁ。明日まで我慢ですよorzorz
てか、本当にアニメと同月終了って事実に既にどうしたらいいのか分かりません;来月ってそんな…どうしたらいいんだろう;マジで;;寂しいをこえてこわい…orzorzまぁ考えたところで仕方ないよね、ロイアイが大好きです!!とにかくソワソワして落ち着かないので先月号の妄想でも書こうと思います。明日には次が出るということもあって今回はサラリと。ロイアイ部分のみ叫び逃げ。

[:hide:]
もうね、ロイアイがあまりに理想的すぎてたまりません!!なんというか牛先生はこれ以上はないだろうという理想をさらりと超えて下さるよ!!てっぺん知らず!もえるっうかたぎる!!!
再会と同時に共闘フラグきたぁああああああああ!!待ってた、これを待ってました!うっわーちょ、もう、もう、最終決戦も終わりに近付いたここにきてこの展開ってなんかもうたまらなさすぎて言葉になりません。不謹慎だけども増田の失明がこのためかとすら思えてならないロイアイ脳ですみません;
焔の錬金術がリザの背中を経由して伝えられた時から、この力は二人のものだったと思うんですよ。それが罪の形となってしまったイシュ、背中を焼くという結果、背中を預け道を踏み外したら撃ち殺せという約束、そしてずっと二人で歩んできての約束が問われるエンヴィー戦、人体錬成と瀕死のリザという究極の選択状態…この流れを得ての共闘ってちょっともう、鋼はロイアイ物語でもあるんですね?と思っても仕方あるまいて!!(ロイアイ脳ですからして)
背中を託し託され、預け預けられで勿論、今までも二人は共に戦ってきたんですが、それでも本当の意味で与えられた最高最強な力を二人で使ったことはなかったと思うんですよ。イシュとエンヴィー戦での復讐の炎が最凶の力としての姿ならば、最高最強の力としての姿が(ラスト戦もそれではあるけども)二人の力として最終決戦で描かれるってもうあああああああ、言葉になりません。なんだろうね、あくまで妄想ですが、それで初めてこの人たちはずっと背負ってきたものとある種の決着がつくんじゃないかと思うんですよ。(解放と言いたいけどそれは二人の覚悟から言っていいのか分からないので敢えて)
過去話が描かれてからずっと背中と焔の錬金術はロイアイの核芯にあるわけですが、それが辿り着くべきところにつこうとしている気がして、本当に、もう、ね!!!!(言葉にならないのですよ)
マスタングがさ、当然の如くリザならば己の欠けた部分を補えると思ってるあたりがたまらんのです!この状況での「君はまだ闘えるか?」ってね、メチャメチャ大きな台詞だと思うんですよ。今までの彼ならばリザが「また貴方は!!」って言ってるとおり「君の傷の具合はどうだ」で終わってたと思うんですよ。それがその先があったんだよ今回は!!これって凄いことですよ。本当に凄いことですよ。肝心なとこで線をひいて守ろうとする優しすぎる男が、その線を超えさせたんですよ!他の誰もでないリザなら可能で必要としてるんですよ!基本的に「ついてくるか」「逃げるなら」と選択肢を与え相手の意志に選ばせる男が、自らの気持ちのまま巻き込もうとしてるんですよ!状況が状況ですから生半可な言葉じゃないわけで。一歩間違えれば命取りになるのなんて分からない筈ないわけで。それでも彼女なら自分達なら出来ると疑ってないってことでしょう!?そしてこの短い会話のなかでリザはそれを分かって応えているわけでしょう!?守る守られるの関係をも超えた先がここにあるわけでしょう!?この人たちの絆の深さも限りがないよ!天井知らずだよ!!半端ねぇええええええ!!もえるをこえる!!
それにしてもマスタングの精神力の強さも半端ないなと改めて。この状況ですら諦めるってことを許せない男だよね。そして今、何より果たしたいことを果たすためにリザが必要不可欠というのを即座に自分から言い出したあたりに、進化を見ました。
リザの凛々しさも本当にたまらんよ!!マスタングに再会するまでは首の傷押さえてたのに!まだ息もあがってるっていうのに!ああああああ、もうあなたたち!!!幸せになって下さい!頼むから!!二人で焔の錬金術を使って闘ってずっとどこかで囚われてる呪縛を踏み越えればいい!そしてぎゅっぎゅううううで素直な涙を流せばいいんだよ!!

て、完全に共闘フラグだと信じて疑わぬまま感想妄想を書いてしまいましたが;これで違ってたらどうしよう;;いや、そんな、まさか。本当にただの妄想だったら恥ずかしいけど、まぁそれはそれで。

とにかく上手く感想いえませんでしたが;(ボキャブラリーのなさを痛感するorz)理想すぎるロイアイに続きが気になって仕方ないということです!!明日は本屋へとダッシュだー!!

あ、ハガプロにももえました。コメントがどこまでも夫婦でよい!(笑)「こめん、中尉。戻ってきて下さい」とか、ハァハァ(萌)
ゲームもまさかのリザたんナースに気になって仕方ありません。増田お前ー!!(言いがかりではないと思う。笑)
そしてグッズがもんのすごく気になります。欲しい!背中の秘伝Tシャツが欲しくて仕方ないんですがどうしたら!!ロイアイTシャツという事実にうっかり注文してしまいそうですが使い道がないんだぜ!たまに取り出して眺めてニヤニヤするのは十分な使い道ですかそうですか。ぬいぐるみセットも欲しいなぁ!とか言ってて気付いたら締め切り過ぎてそうですがorz
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2009'11.15.Sun

今月号本誌ロイアイ叫び妄想

本誌ネタバレ注意!
長文注意!


すみません;遅くなりました…既になんか凄く出遅れた感がするんですけども;今月号は本当にもうね、言葉にするのが難しいのですよ!気持ちが大きすぎて 言語化できねぇぇぇ!!(どんだけですか)原作が妄想をも超えた…余裕でこえた!!その衝撃たるや、もうね、!!!!(言葉にならない)
そんで昨日は原作のあまりに理想すぎるロイアイに脳内がぐるぐる祭すぎて、オーバーヒート!!どう感想を書いたらいいのか分からず、とりあえず箇条書きにメモりながら思い出したり読み返したりしてるうちに、また萌えというか胸の高鳴りがものすごいことになってきまして(脳が完全に異常事態だ!!原作の
威力ハンパない!!)だ、だめだ!このままじゃ駄目だ!ちょっと落ち着こう自分;;と風呂に入ってあがってきたら届いてた携帯メール…
「〜略〜これからチャットどうよ?」
よ、呼び出しきたぁああああああ!!!!!いきなりだな!コンチクショー!!!(笑)ごめん!どこかで待ってた自分がいる!!(嬉)
そんなこんなで、すみません;;甘い誘い(自分的に)に全力で負けました…(自分感想との天秤)でもおかげでやっと語れるとこまで落ち着きました!!萌えも更に高まった気がするけど(笑)まだまだ語り足りないんだけども(笑)
ムノウナ ホシノハ モエヲ コトバニスルコトヲ オモイダシタ…!!

前置きが長くなりましたが(本当にな;)以下、今月号のロイアイ語りです。タイトルにもありますが叫びと妄想で感想にすらなってないかと思われます。現時点で他の部分にふれる余裕がないのでロイアイオンリーです。かなり支離滅裂なうえに凄く勝手な解釈及び妄想の連発ですのでご注意下さい(や、決してそんな大層なもんじゃないのですが;マイ妄想ワールドすぎて、読む人によってはイラッとくるんじゃないかと思わなくもないので…いつもですかorz)
それでも大丈夫だよ!ってお方は以下より読んでやって下さいませ。

[:hide:]
ギュッ!ギュッ!ギュッ!ぎゅううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!リザさん助かって本当によかったの気持ちとともに
ぎゅううううううううううううう!!!!!!!
すみません、出だしからいきなり壊れてます;チャットでさんざん叫んでおいてもまだ足りなかったらしい。足りない!足りないよな!増田っっ!!!!
や、もうね、妄想ではどんなに当然の如く増田がリザを抱きしめていようとも、どんなに望んでいようとも願望は願望でしかなくて、まさか、まさかっっ、原作で!!あの原作のマスタングが(ここポイントです)自らリザをギュッと抱き締めるなんて、しかも第三者(恩人様)から小声でツッこまれてしまうほど形振り構わずギュッと抱き締めてしまうなんて、ちょ、まっ、待って!!夢ですかこれ!?リザの安否が気になり過ぎてなんか都合のいい夢見てますか私!?とおもわず思ってしまうほどの願望が叶ってしまった!!しかも夢ですらこんな理想的なロイアイはみれない!ここまで理想的なのは牛神様にしか描けまいて!!=夢じゃない!?!も、もうね、ここまでくると「もえー」とすら叫べない。そんな言葉じゃ足りん!ぎゅうううううううううううううううう!!!(なので代わりに叫んでみた)

しかもね、このギュッと言われるほどの抱擁がね、且つてここまで余裕を失い追い詰められて1つのことしか目に入ってないほど必死なマスタングがあっただろうか!?(復讐の時は余裕はあったかと)という様がさんざん描かれた後だというのがたまらんのですよ!!!も、本当にたまらんのですよ!(好みというかツボ的にストライクゾーンど真ん中すぎる…)マスタングの人生においておそらく最大級の葛藤後の、生死をかけたギリッギリの状況下で生半可じゃない絆故のアイコンタクト後の、リザが助かるのなら人体錬成をしてしまいたい気持ちは否めなくて(ここの解釈は人それぞれだと思うんですが、個人的にはかなり揺れてたと思う)それでも自分のやるべき事と何よりリザの気持ちを受け止めた決断後の、本当にね、もうマスタングの気持ち的に限界を迎えてリミッター外れた後のどうしようもない止められない本能的なギュッというか、たぶん脳で考える工程がすっ飛ばされて身体が動いた、もっっのすごい本音(安堵を始めとしたリザに対する感情)のギュッだから余計にたま
らんのです!!
あああああ、この萌えと溢れて止まらない気持ちをどうしたらよかとですか!?ハァハァ。

や、私の気持ちはどうでもいいんですが;大変なのは、あの男です!今回、終始、リザがどんだけ大事なのか味方どころか敵にまでダダ漏れだったあの男です!!「君の大事な女が」「大事な者が」もはやダダ漏れすぎて誰も部下だとは言ってくれないよ!!なんかこれ個人的に恋人とか言われるよりずっと萌えるんですが…!恋だの愛だのとっくに超えてしまった、敵にまで言われる 大事な女!大事な者!
メイ様の「ギュッと」を筆頭に今回、増田はリザがどんだけ大事かを言葉では語らずそれこそ無意識に全身全霊で語ってしまっているわけですが、それを言葉で明確化しているのが第三者視点という演出がさ、ツボすぎてたまらん…!!!

そんで基本的に目的のためには本心を抑える男のリミッター振り切ったどうしようもない本音という点では復讐編もそうなのですが、今回は憑き物が落ちた後の本音だという点に個人的には萌えてみたり。上手く言えないのですが、どこまでもロイ・マスタングとしての剥き出しの本音なんですよこれ!!!(本当に上手く言えんな;意味不明かとorz)
すみません、リザが助かったからこそ言えるんですが、マスタングの必死な表情に、取り乱して葛藤する表情に、凄く萌えてしまってすみません…;;「貴様ぁあああああああ」とかリザと台詞同じなうえに、血管浮き出させて身体が鳴ってるほど必死なマスタング!!しかもそんな必死な中、リザの視線、眼と眼の会話で増田の表情が変わっていくのがさぁ…リザの何よりもの気持ちを表し、2人の絆の計り知れない深さを表し、増田の言語化不可能なぐらいの心情を表し、この時点でロイアイがかなりの濃さで描かれきってると思うんですよ。だって言葉すら超えちゃってるんだよ!この人達!!そりゃ誰も間に入れねぇよ!金歯爺もビックリだよ!ここまでの危機的状況でも2人の世界発動中だよ!
eye to eyeとか2人だからこそ出来る言葉以外の会話というのに凄く萌えるんですが、今回のこれはもう最上級だと思う。そしてその最上級の後にギュッ!ギュッてもう!!

増田の取り乱しっぷりに対して瀕死状態のリザが漢前でいい女すぎるのがまたさぁ…!これ本来なら意識は失い続けてる状態だろうに増田があんまり呼ぶから、その声で繋ぎ止められてて(増田も自分が呼べばそうなるの分かってるんだよね、これ)「私はね…命令で死ねない事になってるのよ」って!!「人体錬成なんてする必要ありません」て!!ちょっともうね、ロイアイの絆が深すぎてもう!!ここでリザ的に「私のことはいいから」じゃないんですよ!他の誰でもない増田のために生きる事を諦めてないんですよ!だからこそ人体錬成以外の方法で状況の打開策を示すことが(あの瀕死状態で上の気配に気付けるって凄すぎる)出来たんだと思うのね!しかもこの並外れたリザさんの精神力が以前の増田の「生きることを諦めるな!」だったり「死ぬな!以上だ」の言葉に作られた強さだと思うと…!!
この人達ってラスト戦といい今回といい、自分の瀕死状態にはものすごく強いくせにそれが相手の状態だとものすごく弱くて取り乱すんだけど、その本人の強さこそ相手の存在からきてるものだから、なんかもう…相思相愛なんて言葉じゃ足りない!!!唯一の弱点もそれに抗う強さまでもが相手の存在って…もう本当に言葉にならない!!
「わかったよ。中尉」でも思ったんですがマスタングをマスタングたらしめるのはリザで、リザをリザたらしめるのはマスタングという互いに唯一無二の存在というのがさ…!!
そんでその絆が今までのエピソードによって確かに降り積もるように積み重ねられていったものだと感じられるあたりが更に深みと重みに効果を与えてたまらんのです!!大きなもので言えば過去編があってラスト戦があって復讐編を経ての今回というのがさ…!!

あ〜なんかもう語りたいことが多すぎて、とりとめなさすぎて自分でもよく分からなくなってきたのでここで一旦終わります…orz
ぎゅうううシーンについてもまた改めて。
結局、チャットで語ってとても萌えた帰ってきた時妄想とかにもふれられなかったので;第二段に続く!!
ここまで読んで下さった方がもしいらしたら(さすがに今回のキモイ長文ぷりは厳しいかと;;)お疲れさまでした〜!そして本当にありがとうございました!!ギュッと握手をしたい…ギュッ!?!?(今、ものすごい勢いで反応して幸せになりました…凄いな!ギュッ!)次回はもっと短く端的に萌えを書こう…そうしよう…orz
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2009'09.15.Tue

呟いたり叫んだりして逃げる…(※本誌&アニメネタばれ注意!)

なんだか体調的にも気持ち的にも不調で沈んでおりました…;;この後ろ向き具合なんとかならんのか…orz 原稿もやる気はあるのにネガティブ思考がドドンと付きまとい凹む凹む…なんだこれ;;書こうとすると落ち込むので進まない…orz すみません、それでも新刊出したいです…!みんな、オラに元気をわけてくれ!!

まぁそんな感じでダメダメですが;萌えと妄想は元気です。
アニメ、「出てきちゃ駄目ですよ!」「分かってるよ」あったぁああああ!!
ここ大好きなので削られなくてよかったです。その前の二人並んで聴いてるのもなんか萌えた。ニヤニヤと萌えた。一度扉を出て「駄目ですよ!」言いに戻るのもこれはこれで萌えた!ナイスアニメ!ただ欲を言うなら「分かってるよ」の増田の表情は原作のままがよかったですが。あの表情はポイントだろう!?(なんの…)

ふぉおおお…ランファン…!アニメだと痛いシーンとかがやたらとリアルで見てて辛いですな;;前のシリーズもそうだったけど鋼アニメは子供の頃見てたらトラウマになるだろうな;ってぐらいのグロいシーンとか痛いシーンとかには未だにビクビクしてしまいます;

シャオメイかわぇええ!!パンダかわいいよパンダ!!アニメ化万歳!!

眼鏡リザさん、きたぁああ!!!髪なびかせてきたぁああ!!アニメだと車の運転の荒さが更に感じられていい感じです(笑)
そんで空き家でのランファンが目を覚ました時のロイアイにも萌えた。目をあけた直後の二人のよかった的な表情からすぐに「見張りを頼む」(台詞はなかったけども)の指示と頷くリザの流れがなんか好きだ。この夫婦めが!(もえ)
それにしてもリザさんがここでわざわざ髪を上げたり下ろしたりしてるのは何故なんでしょうな?治療の助手をするのにはやっぱり髪が邪魔で外での見張り時は一応まだ変装?でも眼鏡は外してるしな??なんにせよ、外に出たものの増田達の言い合いをしてる声に何をやっているのかしら…と呆れた風なリザさんはもえ!増田の声で表情が変わるのもまたよし!(笑)
まぁいろいろと残念だった台詞カットはありましたが;これはもう仕方ないんだろうな。特に増田の「多数決になった時のためにいてくれ」はやってほしかった!(そこかよという…笑)


ここからは今月号本誌ネタばれですよ。簡単に叫んでるだけですがご注意!

ああああああ…フー爺さぁあああああああん!!!!!!!!バッカニアーーーーーー!!!!(号泣)や、もう大総統もグリリンもランファンもねぇ、胸が苦しいというか。ああああ、上手く言葉にできませんが。本当に最終章も佳境なんだねぇ、ラストスパートなんだねぇ…。胸がいっぱいだ。
ロイアイ的には「人形兵…」のコマでしっかり萌えたり、ライフル落とされても次には銃で金歯をしっかり狙ってるリザさんに惚れたり何だり。
本当に先がよめなくなってきましたが、これはあれかなぁ、エド達を取り戻すために増田が扉を開くとかもありえるのかなぁ??でもそれだとまた敵の策略にまんまと嵌るようでちょっとねぇ??何よりここでリザさんと離れてほしくないなぁと願いつつもこの展開、リザさんのフラグも消えてないのでビクビクしているのでした。どっちでもない予想すらしてない展開の気はするんですけども。

パーフェクトガイド3!!!!これに早くも萌えて興奮してあの豆粒みたいな潰れかかった文字を必死に読んだ人はガッチリと握手!!もえの握手!!(笑)だって気になり過ぎるよこれ!!ハァハァ。なんといっても増田のマル秘ぼやき日記が!!ぼやき日記でしかもマル秘って!!ちょ、!!そりゃあもうやっぱり…!という期待を裏切らないでくれてありがとうありがとう!!どんだけマル秘日記でエリザベスの事、書いてるんだ増田!!(笑)読み間違いかもしれないけどタイトルが「王子、王子、騒ぐな」とこれはまぁ増田だからな(笑)と、いいとして、他二つ「エリザベス、ーーにナンパされる」「エリザベス、他の男にー」っておまっ!!!これカットが「今夜の火力〜」っぽいし66の時と大総統補佐の時ですよな?「私の大切な部下にちょっかいを出す〜」とかなんとなく続きも潰れた文字を読んでみたんですが(都合良く読んでいる可能性があるので実際に読むまで妄想だと思っておきますが笑)ちょっ、なんかこれ、やばい!!!期待せずにはいられない…!!!既に妄想と萌えがとまらない!!あとは増田の部屋とかも気になるし、大総統と夫人のエピソードも!!気になってたから嬉しい!楽しみだ。しかし、こういうことは教わらなかったからとラストに聞いて説教された挙げ句、その教えを習って褒めたのが尻って…!!大総統ーーーー!!!!!(笑)
表紙にリザさんが見当たらないのがちょっとしょんぼりなんですけども;でもこれはアルに隠れて見えないだけで増田の横にちょこんと座っているに違いない!!
とにかく早く読みたい!!待ち遠しい!!発売日はダッシュで買いにいくぞーと思っているのですが、あれ?オンリー前日!?まぁガイドは東京で買えば無問題ですが本誌はなぁ…;これは家で買ってから間に合う飛行機にするべきか…!?

そう!オンリーですよ。もう配置図が出ててそういう時期か!?とちょっと現実に青ざめました;;そうだよね、当日まで一か月ないんだものね::うわあああ;既にコピー本の可能性も出てきたのですが;それだとどうしてもギリギリになってしまうので;だめだ!オフの余裕がほしい!!前日は余裕をもって本誌とガイドと東京を堪能するんだ!!という楽しみを糧にして(オンリー当日と打ち上げも楽しみなんだ。新刊さえ出てれば!;)足掻きたいと思いますorz みんな、オラに元気を…略。
ああ、w/i/iの封印も早くときたい!!!(結局、買っちゃいましたよ!ゲーム!!袋に入ったまま触れてませんが;;泣)
鋼(原作)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
 |TOPBack