--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-)
2010'06.03.Thu

FA♯59 頬ずりぎゅー ロイアイ妄想感想

なんというかもうね、あまりのとろけそうなぎゅーに言葉が追い付かない!!(FAはもうまんま某アンソロタイトルが聞こえてきそうでした。てか、既にとろけちゃってた。増田の顔とか!笑)期待以上のラブラブっぷりに何度見返しても落ち着けるわけがない!!はぁはぁはぁ。FAは1粒で2度おいしいぎゅーを見事にやってくれました!!原作至上なのは揺るぎようがないんですが、FAの若夫婦ならではのぎゅーを魅せてくれてありがとうありがとう!!(悦)

そんな感じで萌えが止まらないまま、相変わらずの支離滅裂で独り善がりの妄想解釈ですみません;と先に謝っておきたい妄想感想です。(そんで今回、なんだか恥ずかしい語りになっちゃってるうえに言葉の選び方に自信がないのでサラッと流し読みしていただけるとありがたいですorz)

先週、そこで続くのはどうよ;と思った私が浅はかでした。ごめんなさい。ちゃんと大事なとこは2度やってくれるのね!そこをもう一度やってくれるなんて、さすが分かってらっしゃる!と初っ端からテンションあがっておりました。や、アニメのお約束っちゃお約束なんですが、個人的にここからぶっ続けでぎゅーに繋がるか否かって大きかったので。あのマスタングがどうしようもないくらい極限状態に追いつめられた直後の歯止めの利かない本音そのままのギュッ!ぎゅーだから尚更たまらんのです!!
復讐編からこっち約束の日の出来事って、ある意味、マスタングの理解・分解・再構築なんじゃね?とすら思えてきたよ…どうしよう;(末期は何を今更ですが)今までどこか本心がよめないながらも一貫してブレずに迷いのない意志の強い男の姿が、リザを失うかもしれないという絶対にあってはならない状況において一転してるというか…上手く言えんのですが;;要はリザにとってのマスタングが依存といっていいくらい全てだというのと同じくらいマスタングの基盤にあるものがリザの存在だということが露呈されてるわけで。「君を失うわけにはいかない」を全身全霊で語っているのにもの凄く萌えるわけで。

そんで極限状態のアイコンタクト、リザの意図を察し受け止め決断に至るまでのマスタングの表情なんですが、状況奪回の糸口が見つかった顔というよりは何かを飲み込んだ苦しい顔に見えるんですよね。この表情こそが、今までのマスタングなら譲れなかった部分よりリザの意図を受け止めたという成長なんだろうなと思いました(大総統に「君なら大事な者が〜」って言われた部分ね)
基本、マスタングのアイデンティティーって大事な者を己の手で守るってことにあると思うんですよ(ねずみ算の基本理念的にも)口にせずとも自分で守りたい大事な者の筆頭ってリザさんだと思うわけで。(守られながら、さり気なく確実に守るスタンスだと思う)だからこの追いつめられた危機的状況にあっても何をしてでも自分の手で守りたい、って気持ちは強かったんじゃなかろうかと。仲間を信頼するし頼るけど、肝心な最後の一歩で完全には頼りきれない自分の手でなんとかしようと背負い込んでしまうマスタングが、ここで一番そうしたい対象のリザからの目配せだからこそ、そんな己を飲み込んで仲間の助けに頼ったっていうのが、もうね!!
ここでそれが最前の方法だと決断したものの、それが確実な方法かは賭けなわけだしリザの生死の分け目で「人体錬成をしない」と言い切るのは、マスタングの理屈じゃない感情がやっぱり抑え込まざるを得なかった部分としてあったからその後、状況奪回の糸口を掴んでからは完全に箍が外れてしまったんじゃないかと。マスタングの本心大暴走。
特にFAはずっと頑にストイックを貫いていた分、リミッター外れた後の決壊ぶりがハンパない!!リザしか見えてない!見えてないよ!!この男!!原作増田は時々、抑えてるつもりでも隠しきれない気持ちが漏れててここにきて溢れ出した感じだったんですが、FAは抑えがガッチリ効いていた分、一気に決壊して大洪水状態ですよ!!強さの根底にあるのが大事な存在リザだというどころかFA増田はリザがいないと生きていけないだろ!これ!!
リザが致命傷になる可能性の高い傷を負わされてから、ずっと駆け寄りたくて仕方なかったのが全面に溢れてるマスタングの必死さが本当にもう、ね!自分にかかった拘束をといてからのリザへの一直線ぶりに萌えも止まらない!!
原作マスタングは取り乱しながらもリザの治療を考えて賢者の石にまず手を伸ばすも届かず、いてもたってもいられずにリザの元へと駆け寄った感じでしたが、FAマスタングは最初からリザの元へと駆け寄ることしか頭にない取り乱しっぷり。戦場というにも関わらず周りが全く見えてません。けど、そのスピード感に萌えた。あの冷静な男がここまで一つのものしか見えてないというのも萌えた!「邪魔だ」にはぁはぁ。リザを抱き起こし「中尉!中尉!!」と呼び続けるしかo来ない姿はラスト戦のリザさんに匹敵するんじゃないかと。「毅然としてろ」って言葉がそのまま返ってきそうです。この夫婦は本当にもう!!後ろに迫る敵にも全く気付かないほどリザさんに全身全霊傾けてるマスタングって!!「任せてる部下がいるので、ついね」も蘇りつつ、や、もう、ここにきてリザがいないと生きていけないアピールが凄いですFA!!そんでFAはメイ様だけじゃなくゴリさんも命の恩人様なのですな。
出血多量で意識を失ってるリザさんを抱き起こして揺さぶる時点で冷静さを失ってるよねと思いつつ、ここで「死ぬな」を言わせるあたりキャラソンを聞いた直後だけあってFAめ!!と思いました。リザの「命令で死ねないことになってるのよ」という台詞もあって、なんかこう、ね!そして比較萌えで原作のその台詞を言わない言えない増田にも改めてクるものがあるわけですよ。(この状況だからこそ口にできないというか。あってはならない意で)

メイ様!!本当にありがとう!!と拝みつつ、きた!きたぁあああああ!!
ぎゅっ!ぎゅー!ぎゅうううう!!!!
しかも一時でも離れているのは嫌だといわんばかりに、リザを抱き起こすのが早い!早いよ!マスタングさん!!原作はメイ様の「止血済み」の説明まで待って安堵してからのギュッ!だったのにFAはそれすら待てません。リザの「う…」という声に反射的にぎゅーーーー!ぎゅーーーしながらメイ様の説明もききます。なんか抱き起こす時からぎゅーにいたるまでの流れがマスタングのリザに対する気持ちがダダもれで、動くってアニメってすげぇ!!と感動すら覚えましたよ。てか、初見は見ているこっちが恥ずかしくなるくらいの愛おしさがダダもれでもうね。もえるっうかもだえるっうかころがるっうか…ゴロンンゴロン。大変ですよ!(萌)
原作より甘いっうかラブラブっうか、そりゃこれはメイ様といえどもツッこめないよ!一緒にとろけオーラに包まれちゃうよ!(笑)原作はもうね、牛神様ならではのロイアイのギュッ!ぎゅううううぶりを第三者の恩人様が言葉にしてくれるという萌えでとんでもなくたまらんのですが、FAの第三者が言葉にする必要のないラブラブ二人の世界を見せつけてくれるぎゅーもこれはこれでありだと思います!一粒で二度おいしいって幸せ!!
因みにFAマスタングは頬擦りしながら柔らかくリザさんを抱きしめてる感じが、これはこれで萌えるなと。なんというかリザさんが生きてることを全身で感じるための抱擁というかソフトに包み込む感じ。原作が安堵で溢れ出した止められない想いのギュッ!ならFAは全身で感じるぎゅーーというか。どちらもとんでもなく萌える!!!ギュッ!ぎゅーーぎゅうううううううう!!
そんでマスタングの声と顔がものすっごくリザへの愛しさで溢れてるのがたまりませんでした。原作でふきだしで見えなかった表情(この演出は原作のマスタングらしくて私はむしろ萌えるんだけども!)は、やはりここでも見れなかったんですが、それまでのマスタングの表情と声音の効果もあって、なんていうんだろう、リザの表情に全て映しだされているような感じがたまらんかったです!(リザのあの表情を通してマスタングの表情も見える気がするというか、意味不明ですね:すみません)

その後の大総統の視線がリザに移った時のマスタングにも、もっのすごく萌えた!!肩においた手に力が入ってるあたりとか、中の人もGJ!!
そんでこの時のリザを支えるためとはいえ、ずっとベタベタぎゅーぎゅーしている夫婦ですが、マスタングの手の位置がさり気なく変わっているのにも萌えた。両手を両肩においてたり、片手を肩に片手は腰に、大総統との会話時なんて片手は肩ですが、もう片方はリザの脇の下にまわされてて、しかもリザさんがその手に自分の手を添えててあまりのさり気ない密着ぶりに一瞬、目を疑った(笑)や、リザさんの状態を思えば萌えてる場合じゃないんですが、すみません萌えました。
総じて増田の取り乱しっぷりが凄かった今回ですが、対してリザさんが落ち着いて増田を支えてる感じが、本当にもうこの夫婦にもえてたまらんのです!リザがさ、マスタングがお父様の元に送りつけられるあたりでもちゃんと毅然としてるあたりとかラスト戦のがここにいきてきてるんだなぁと感慨深かったり。そんで助けてくれた人にお礼を言ったりするのも本人じゃなく支えてた方ってあたりもなぁ!!(スカーの時といい今回の時といい)どこまで2人でひとつなんだよ!!はぁはぁはぁ。

あ!アイキャッチは「なんでここでゴリさんなんだああああ」という増田のシャウトが聞こえた気がしました(笑)

なんかダラダラと語り過ぎて自分でも何をいってるのか分からなくなってますが;;;ここまでおつきあい下さった方は本当にありがとうございました!


スポンサーサイト
鋼(アニメ)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'05.26.Wed

FA♯58 ロイアイ妄想感想

※若干、書き直しました;

前半はとにかくボロ泣きだったのですが、やはり今回もロイアイ部分のみ簡単に叫び逃げ。感想というよりは、つぶやき版ということでひとつ…。

アイキャッチのリザさん美しい!!けれど、なかなか我等が夫婦は対(AパートBパート)になってくれませんなぁ。日頃があまりに番すぎてここでわざわざ対にする必要がないということですね、わかりま…。ひそかにこの先、今月号本誌の夫婦がアイキャッチにきてくれないかなぁ(対どころか一枚絵で)とか願ってるのですが、あの話いろいろ盛りだくさんだから無理かのう…。や、ぎゅっ!でも勿論かまわない!てか、そのへんがアニメで動くのかと思うとはぁはぁはぁと今からたまりませんな!!

金歯爺の声がはまりすぎだと思います。あの無気味さはすげぇ…。アニメの声効果でパワーアップしてる気がする。

あああああ、分かってはいたけどアニメだとやはり血の色とか流れ出方が、心臓に悪い;;切られた直後、リザさんより先に吹き出した赤が映るあたりがね、そしてそれを目にしたマスタングの表情がね…。
リザが喋る時だけマスタングの表情が違うあたりがさ、息をのむかのように空気がそこだけがらりと違うんですよ!!ああ、もう!!確かにこの短時間で金歯爺に「大事な女」ってバレても仕方ないよこれは!
そう、その「大事な女」発言も声がつくと更にこう響くものがありませすね。すみません;すっごいハラハラしつつやっぱりここは萌えずにはいられない。言われた時のマスタングの表情と言葉にならない声音もたまりません。

この一連のシーンは本当に原作での描かれ方が秀逸で、もっの凄く自分の中で大きな部分だったので(ある意味ぎゅっ!並というかこのシーンがあるからぎゅっ!にも更に深い意味が出てくるというか。不謹慎だけどもここから自分的ベストシーン)アニメ初見では、マスタングの取り乱し方というか必死さが足りないような気がしてたんですが(原作ではみしっみしっと血管浮き出せてた部分とかさ)2回目3回目と見てるうちに(リピート再生発動)FAマスタングはこれでいいんだ!と一粒で二度おいしい効果に気が付きました。
「きっさまぁあああ」の部分、あれがさ、力すらも入らない極限状況に見えたんですよ。声もどこか震えているというか、目の前の瀕死状態のリザという自分にとってあってはならない状況に原作マスタングはどちらかといえば怒りのベクトルが大きくて、FAマスタングは恐怖のベクトルが大きかったんじゃないかと。なんていうんだろう、FAの方がマスタングという男の弱さを前面に押し出している気がする。極論でいえばリザを失えばマスタングは復讐にはしることすらできないであろう弱さというか(上手く言えませんが)
その極めつけがマスタングの目尻に涙の粒が浮かんでるんですよね、FA!!!!!!!ぎりっぎりっの極限まで追いつめられて、そしてこぼれ落ちることもゆるされない感情=涙って、うわあああ、こういう描き方もあるのかと!!!やっぱり原作より若い気がするけどこれはこれでありだと思います。

そんで視界がかすむようなリザさんの描かれ方とか、マスタング視点のような演出がたまらんかった。流れ出る失われていく血の赤と、その赤を繋ぎ止めてくれる可能性のある賢者の石の赤がやたらと印象的でマスタングの極限の迷いがもの凄く表されててうわあああってなった。
涙をはじめ今回、マスタングの眼が彼の感情を露呈させているのだけど、ラストの「まっすぐな迷いのない眼〜その眼が苦悩に歪む日」てまさにこれだったのか!と思いました。今までどんな状態でも迷うことなかった漆黒の瞳が大事な女の生死の挟間を前にして追いつめられて極限状態で迷っている…リザさんの血→賢者の石→涙という極限の感情を浮かべたマスタングの眼というこの流れは、個人的解釈ですけども一瞬、屈してしまいそうになったんじゃないのかなとFAの方がそう思いました。
そしてその迷って苦悩に歪み、あやうく屈してしまいそうになった男に救いの道を示してくれたのが、迷いの要因であるリザなのではないかと。極限状態でのアイコンタクト。特にFAだとどうしようもなく弱っているマスタングに「大丈夫ですよ」と支えてくれるような視線のように感じたんですよ。本当にいい女すぎてもう、ね…!!刻一刻と失われていく鮮血とリザとマスタングの表情の移り変わりがもう、ね!!!!(いろんな意味で)リザの意図に気付き「分かった」と苦渋の選択で言う前のマスタングの表情も原作とFAでは同じようで違っていて、その僅かな違いがなんかクるものがあるなぁと思いました。(違いを楽しむ派)

あーもう、なんかうまく言葉にならずにすみません;;;orzorzorz
正直、そこで次週へなのかぁああああ!?と思わなくもなかったけど(欲を言えばあのぎりっぎりの追いつめられっぷりとぎゅっ!はぶっ続けでやってほしかったような。まぁ「分かった」でミスリードって演出もいいとは思うんですが)来週はいよいよぎゅっ!!
鋼(アニメ)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'05.16.Sun

アニメFA♯57ロイアイ妄想感想叫び逃げ

今月号の本誌の妄想感想はまだ書いてます;orzなんかもう出遅れ過ぎてるにもほどがあるんだけども;;そしてダラダラ書いてたら何を書いてるのか自分でもよく分からなくなってきたんだけども(今ここ)orzorz やっぱこういうのって勢いで書かなくちゃ駄目ですね。考えるんじゃない!感じるんだ!!がデフォですね(どうだろう)
そんなこんなで今日のアニメは感じるままにいってみようと思います。
テンションがおかしいのはきっと睡眠不足と萌えで妙なアドレナリン出まくってるからに違いない。(いつもですか)

ああ、やっぱりアニメで見てもねぇ…涙止まらないフー爺さんとバッカニアさんとかイズミ師匠とオリヴィエ様とか本誌CMの最終回にまたうわーーんとなったりとかいろいろあるのですが、やっぱり今回もロイアイ一点絞りだコンチクショー!!(テンションがおかしいのは以下略)

まさかのオリジナルシーン追加にはぁはぁはぁとニマニマが止まりません。アニメスタッフ大好きだ!!やってくれおる!やってくれおるわ!!1クールから焦らしに焦らして(カットカット;;)最終クールでの大放出!!くっ。あのドSっぷりはこのためだったのかっ!罠にまんまとはまっております。アニメはアニメで味わえるこの萌え!!や、最初のロイ→アイ描写の憎いばかりのカットはやっぱり意図的だったんじゃね?と思える単細胞です。エンヴィー戦を境に増田の惚気っぷりが中尉大好きな気持ちのダダもれっぷりがハンパねぇえええ!!!原作が勿論そうなんですがFAはそれに輪をかけてハンパない気がします。

地下通路を歩いているシーンからして二人で隣に歩いてるだけで萌える!てか、前の話の時と歩いてる位置が違うんですがこれはあれですか、増田は「私が踏み止まれたのは中尉のおかげだ」と惚気るだけ惚気て、またリザたんの傍に戻ったんですか!そんでスカーがいる位置をそこは私の定位置だとばかりに奪ったんですか。歩くポジション交換は夫婦っぷりを見せつけるためのものだったんですか、そうですか。ニヤニヤ二ヤ(妄想)

敵からの攻撃に即座に戦闘体制に流れるときにあまりに自然に二人で背中合わせなのがたまらん!!ハァハァ。なんかこういう時に見せつけられるよね!もう体が覚えてるんだよね、あれ。やっべぇすっごい萌える!!悶える。ごろごろごろごろ。しかもエンヴィー戦の後にこれですよ!ここに通常のロイアイの姿をいれてくれたのはスタッフ本当にGJ!!
そんですみません、語弊があるかもしれませんが;なんか今回増田がかわいくないですか…。接近戦の肉弾戦あたり「うおあっ」とか声がまたさ、なんかうっかり本当にうっかり妙なときめきを覚えたのは睡眠不足のせいだよね★ね★や、基本的にギャップ萌えなので、あの興奮が止まらなかったドS増田の後の今回の増田というのがね、なんかキたよこれ!!!FA増田おいしいなぁ!!(原作至上なんで好み的には原作マスタングなんですが)
そんでまたまた戦闘中にも関わらず二人の世界発動中、堂々といちゃつく夫婦きたぁあああああ!増田が増田が!!もうこの人、誰にも止められない!「君を失うわけにはいかない」心の奥底の本音を告白してから、何かがふりきれちゃったのか外れちゃったのか、もう止まらない!隙あらば惚気ますかそうですか。背中がぶつかって相手が中尉だと分かった時のあの顔の緩みっぷりというか、瞬時に表情が優しくなるのがさぁ!!元に戻った増田さんは気持ちを隠すということをどこかに忘れてきたようだ!!そんで相変わらず凛々しいリザたんに銃向けられた時の顔!更には「大佐、背中ががら空です」とできた嫁に指摘された後の「任せている部下がいるのでつい、ね」って、ちょ、おま…!なんだその声音に表情。デレデレという擬音が聞こえてきそうじゃないですか。リザさんが一緒なのがそんなに嬉しいのか!今までの反動がものすごいんですね分かります。てか、ここで撃ち殺す背中から任せる背中に本当の意味で変われたことが表されてるのかと思うともうね!!たまらんのですよ。
や、いいねぇ本当に一粒で二度おいしい状態にもえが止まりません!!原作は静かに熱くだだもれだったけどFAはなんか、ねぇ?どちらももえますなぁ!!はぁはぁ。

とりあえずの叫び逃げでした。感じるままに叫んだので、また考えてなんか出てきたら追加するかもですが。原作本誌の方も出来れば今夜中には…orz
鋼(アニメ)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'05.01.Sat

アニメFA♯54ロイアイ妄想感想(アバン編)

おお、もう明日にはスパコミ始まるんですね…飛行機に乗らないとですよ!まだなんの準備も出来てませんよ…よorzやべえよ!;;
スパコミインフォメは一個下の記事です。どうぞよしなに(ぺこり)
今現在ワタワタしてますが;当日がとても楽しみです!すっごく楽しみにしてる本とかあるんだ!会ってお喋りしたい方々がいらっしゃるんだ!ロイアイな空気、オタクな空気に塗れるんだ!!…オラ、なんかワクワクしてきただ!!

そう!感想モタモタしてたら、明日はもうFAなんですね。夫婦!夫婦!17時半からですよ、気をつけて!(予約を忘れないようにせねば;)ホテルで見れたらいいな。

そんなこんなで遅くなりまくりましたが先週のアニメ感想というか、やっぱり言葉にならないが真実なので叫び逃げです;:や、なんというか気持ちが大きすぎて言葉に変換できませんでした;ハンパないっつ!!!
支離滅裂で妄想過多の独り善がり叫び逃げ御注意!!そして「!」が煩い注意(なんという;;)


ああああ、もう、何から叫んでいいのやら!!分からなくなるっていうね!!
とにかく順番にいってみますよ、思い出すだけで感情が高まってくるよ…!

アバン、初っ端からイシュきたぁああああ!!背中がここに!!満を持しての登場ですよ!凄く大事なとこだからとっておいたんですね!そしてここで、この話で初っ端にもってくるんですね!うああああああ…(言葉にならないものに打ち震える音)やってくれおる!やってくれますアニメスタッフ!!
時の流れにおける関係性の変化が凄く大事に思える(てか重要ポイント)原作ロイアイに対して、正直、アニメはそのへんの一貫性というか時と関係性の部分が今ひとつ感じられないような気がしていたんですが(すみません;)一気にふっとんだよ!繋がった!流れ繋がった!!(THE単細胞)
もうね、ここでそれをもってくるかというね、ズルイですアニメ…!(悦)
秘伝を使った結果の背中を焼くことを頼み頼まれるシーンで始まり、背中の秘伝を託すシーンを回想で挟み、そして狂気によって暴走する力を止めようとする本編に繋がるなんて、なんて、焔錬どころかロイアイ物語すぎてどうしていいか分からない!!いいぞ、もっとやって下さい!!ハァハァハァ。

てか、まさかの秘伝伝授シーンがあるなんて!あの子が脱ぐなんて!脱ぐなんて!!や、そりゃもうね当然の如く妄想しましたけどもしまくりましたけども、公式で、公共の電場でそんな…けしからん、たまらん、うおあああありがとうございますありがとうございます!しかもさ、イシュリザの背中から伝授時のリザの背中の流れが、マスタング視点っぽくてたまらん!繋ぎ方最高すぎる!!ついでにアバンの部分は完全に二人の世界だったので、マスタングはリザ視点、リザはマスタング視点っぽくてたまらんとです。二人とも映ると第三者視点で盗み見みたいでたまらんとです。脳が大変です。変態ではありません。
二人とも映るといえば、今回、時の違いとともに距離の違い(本当に微たるものなんだけど)も感じられて萌えました。秘伝伝授の時と秘伝破壊懇願の時では二人の立ち位置は同じなのに、距離間がね違うように見えるの。イシュの時が遠いんですよ。まるでマスタングがそれ以上(近付きたくとも)近付けないかのように距離があるんですよ。その時のマスタングの心中を表してるようで萌える。綺麗なものだけを純粋に信じられた青年と少女の距離とそれを裏切る形で使ってしまった彼と彼女の距離というのがね、もうね!!そして本編のそれを狂気で暴走させてしまった男と止めるために銃を向ける女の距離に繋がった後、謝りながら傍に寄ってマスタングがリザの手(銃)を下ろす距離が一番近いんですよ!!なんというかもうね、言葉にならねぇよ!!原作の時も感動したけど背中を託し託され預け預けられの立ち位置ばかりだったのが、ここで向き合ってるんですよこの人達!!それを1つの話で感じられるあたりがアニメ本当にGJ!!!

話は戻って秘伝伝授のシーンですが、あれ本当にエロいんですがどうしたらいいですかハァハァハァ。そのアングルで喪服をパラリと落としたら生肌って…!しかも父の、師匠の葬儀の後、薄暗い部屋であの喪服の脱ぎ方だなんて背徳感漂うエロスにもほどがある!!すみません、もっの凄く萌えました(白状)
大きな力をもつ秘伝を託すというシリアス場面での(ある種、不似合いな)エロスだからこその萌えというか。部屋の光彩というか青年と少女の二人だけの閉鎖感がまたたまらんのよ!!
そんで喪服落としたら肌と秘伝というのはとてもとても萌えるのですが、さすがに上着の下に生肌はないよね?と思って30話見返しちゃったよ(笑)ちゃんと着てました!あれワンピースかと思ってたら違ってたんですね。
ということはさ、部屋に着いて「すみません、準備をしますので少し待っていて下さい」とか言ってドア1枚だけを挟んで待つマスタング(リザの背に書かれてるなんておそらく予想もしてない)と、いろんな事を思いながら上を脱ぐリザなわけですよ、きっと。そんで「どうぞ」の声がして開かれるドア、静かな部屋に何か違和感を感じつつも何も言わないリザに近付くマスタング、そのまま落とされる上着、目の前に晒される肌と秘伝…というのを妄想したらなんかもう萌えた!!今まで似たような妄想を何度もしてるにも関わらず、なんかすっごく萌えたんですけど何これ!!これが公式の力なのかっ!!その直前に墓前のピュアピュアな二人があると思うと妄想と萌えが止まらなくなるってばよ!!パラリの後のマスタングの気持ちが、リザが…、止まらない!妄想止まらない!今さら秘伝伝授時ブームが再燃ですマイ脳内。若ロイアイもすんごくおいしいよねぇええ!!(何を今更)

そんでイシュですが、原作は原作で語った気がするので(たぶん;)敢てFAでの部分に絞りますが、なんだろう、ここである程度FAと原作のロイアイのちょっとした違いに自分内で納得がいった気がします。リザの「出来ませんか、なら〜」がなんか凄く印象的でした。秘伝破壊と戒めを解くのは同列で媒介役からリザ・ホークアイにして下さいという懇願の原作に対して、秘伝破壊が出来ないというなら私を解放して下さいというリザ・ホークアイからの懇願。同じようで違う気がする。(すみません;上手く言えないので意味不明だと思いますorz)ここの二人の言葉の違いによりイシュ前の二人の間もちょっと違ってくる気がするんですよ(妄想がね、原作版とFA版とできる感じ)。「なるだけ痕にならないよう焼くよ」とかマスタングの台詞が顕著なんですが、ストレートな気がする。原作は言葉に力を託し託された者の縛りが出て本心は含められる感じなんですが、FAは青年と少女部分の本心がわりとそのまま台詞になってる感じ。や、分かりやすくしただけなんでしょうが、そこをこじつけて妄想してしまうのがオタクです。

今回の話は本当に表情描写が最高というか本当にたまらんかったのですが、このシーンのあくまでリザの身体を気遣うマスタングに対してのリザの表情がさ、もうさ!!!(こんな時まで優しいんですね…みたいなさ。だからこそ、このマスタングにあんな事をさせる力を渡してしまった罪悪感がね)そんでその言葉に浮かぶマスタングのものすごく辛そうでなんともいえない苦悩の表情がさたまらん!!!(すみません、そういうの大好きですみません;;)ここの二人はやっぱり傷付いていてどこか病んでいて結局、自分の心しか見えてなくて互いのことを想いあっているのにおもいきりすれ違ってそうな切なさがたまらん!!声も言葉にならない部分がちゃんと声として発せられていて、中の人すげぇぇえええ!!と。

マスタング苦悩の表情のままOPです!私の脳内ではロイアイ仕様になってましたが何か。(あの曲、ロイアイソングとしてもいけると思うんだ!ついでに毎回、あのロイアイ部分の「つつまれていいかな」という歌詞に悶えるんだ。いいよいいよ!つつみつつまれていいよ!ぎゅっだよぎゅっぎゅうう!!と思うんだ)

て、アバン部分だけでこの長さってなんですか;;;;本編に入ってないってどういうことですか;;;本編も語らせてくんろ!!
すみません;すみません;;ここまでおつきあい下さった方がいらっしゃったら本当にありがとうございました。
本編部分はまた後日;;(さすがにこの時間なので準備にとりかからないと寝れないどころか飛行機に間に合いません;;ノーーーーン)
あああ、ものすごい色っぽい「リザって呼ぶのよ」とかマスタングとかマスタングとかロイアイすぎて泣けるで!!!とかまた語ってもよかですか…orz
鋼(アニメ)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
2010'04.27.Tue

言葉にならない…!!!!!!!!!!!!のでぎゅっ!ぎゅううううううう!!!

や、単行本は買いましたけど、ワタワタしててまだ読めてないorzorzので今回はアニメ!ア!ニ!メ!FAですよ。アニメは大変なものを盗んでいきました…私の心です!!もってかれたぁああああああああああ!!!!未だ興奮さめやらぬ状態です。リアタイの夜はなんかもういっぱいいっぱいすぎて好きすぎてたまらなくて完全に放心状態だったんですが、一晩あけた今日はうっかりリピートが止まりません。見る度にもうね、ぶわっとなってぐわーっとなって胸がいっぱいいっぱいになるというのに止まりません…中毒です。あああああ、もうね、本当に言葉にならんのよ!!!すげぇよ!!原作であんだけあんっっだけ何度も何度も読み返した話にも関わらず、こんだけ心をもってくアニメすげぇ!!アニメという媒体だからこそできるメリットを最大限に魅せてくれた!!まさしく一粒で二度おいしいロイアイをありがとうございます!!なんっうかさ、原作ロイアイ(至上)とFAロイアイで二度楽しめるって凄く幸せなことだなぁと。すいません;げんきんな奴です;

とにかく最高!!の叫び逃げ。一息に叫んでみました。
具体的な感想は明日には書きたいです。これが書かずにいられるかぁあああ!!
や、たぶん言葉にならないがデフォなんでマトモな感想にはならないと思われますが;
鋼(アニメ)感想:  トラックバック:(-)  コメント:(0)
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。